logo

ボーズ、Wi-FiにBluetoothも搭載--ワンピースタイプスピーカ「SoundTouch systems」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは9月30日、Wi-Fi機能に加えBluetooth機能を追加した、ワンピースタイプのスピーカ「SoundTouch wireless music systems」3機種を発表した。発売は9月18日。税別価格は「SoundTouch 30 Series III wireless music system」が7万4000円、「SoundTouch 20 Series III wireless music system」が4万4000円、「SoundTouch 10 wireless music system」が2万7000円となる。

  • 「SoundTouch 30 Series III wireless music system」

  • 「SoundTouch 20 Series III wireless music system」

  • 「SoundTouch 10 wireless music system」

 SoundTouch wireless music systemsは、Wi-FiとBluetooth機能により、PC、スマートフォン、タブレットなどの対応機器やインターネットラジオ局の音楽を、ワイヤレスで再生が可能。「Multi room Playback」機能も搭載し、SoundTouchアプリ内のストリーミング音源再生や、Bluetooth 接続した機器の音声を同じネットワーク上にあるほかの「SoundTouch」に転送して再生することも可能だ。

 SoundTouch 30 Series III systemは、高さ246mm×幅435mm×奥行き181mmで、重量は8.4kg。重低音再生専用のウーファを内蔵し、ボーズの「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」により迫力の重低音を再生。正面に配置された2つのネオジウムマグネット搭載のドライバユニットが、クリアで自然な中高域を再生する。

 SoundTouch 20 Series III systemは、高さ188mm×幅314mm×奥行き104mm、重量3.2kgというコンパクなボディに、ボーズの小型高性能スピーカーテクノロジを凝縮。サイズと音の両立を実現した。

 SoundTouch 10 systemは、高さ212mm×幅141mm×奥行き87mm、重量1.31kgで、一体型のSoundTouchシステムとしては最小のサイズ。コンパクトで置き場所を選ばず、より手軽にワイヤレス再生を楽しめる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集