logo

モバイル決済「Samsung Pay」、取り扱い額が3000万ドルに--サービス開始1カ月

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年09月25日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンによると、「Samsung Pay」は韓国でサービスを開始してから1カ月で、人気と収益性の高さがはっきりしたという。

 サムスンは現地時間9月23日、モバイル決済システムSamsung Payの韓国における取り扱い額が、サービスを開始した8月20日から9月20日までの1カ月で3000万ドルを超えたと発表した。Samsung Payは小売業者とユーザーに評判がよく、取り扱い件数は150万件を超えたとサムスンは宣伝している。この1カ月間にユーザーの約36%が利用したことが記録されており、10%は毎日使っているという。

 Samsung Payの責任者Injong Rhee氏は声明で次のように語っている。「Samsung Payの詳細な利用状況については、新しい情報が続々と入ってきているところだが、これまでに届いた反応は、われわれの期待を上回るものだ。Samsung Payがモバイル決済業界の流れを変えることは分かっていた。今、ユーザーデータから、消費者の行動と顧客のライフスタイルにSamsung Payが予想以上に大きな影響を与えていることが分かってきた」

 Samsung Payはサムスン独自のモバイル決済システムだ。対応した商店で、スマートフォンを使って商品の代金を手早く支払うことができる。韓国でのサービス開始に続き、9月28日には米国でもサービスを開始することになっている。Samsung Payの本当の戦いが始まるのはここからだ。米国に進出すれば、「Apple Pay」やGoogleの「Android Pay」と真っ向から対決することになる。しかし、Samsung Payには明らかな利点が1つある。Apple PayとAndroid Payは商店が近距離通信(NFC)に対応しなければならないのに対し、Samsung PayはNFCに対応してなくても利用でき、商店が設備を新しくする必要はない。

韓国では好調のSamsung Payは、米国ではどうだろうか?
韓国では好調のSamsung Payは、米国ではどうだろうか?
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集