logo

パイオニア、4色のCDミニコンポ--NFC搭載で手軽にワイヤレス再生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアは9月24日、パイオニアブランドより、BluetoothやNFC機能を搭載し、ワイヤレス再生が手軽な4色のCDミニコンポーネントシステム「X-CM35」を発表した。発売は10月上旬。想定税別価格は2万5000円前後となる。

 X-CM35は、レシーバ部が幅200mm×高さ123mm×奥行き257mm、スピーカ部が幅121mm×高さ201mm×奥行き235mmの小型ながら、総出力300Wのアンプと、9.2cmウーファと5cmのトゥイータにより、迫力のある低音と伸びやかな高音再生を実現。本体前面にはアクリルパネルを使用し、部屋のインテリアに合わせて、ホワイト、ブラック、レッド、ブラウンの4色から選べる。

 Bluetooth機能を搭載し、対応機器の音楽をワイヤレスで再生が可能。NFC機能も備え、対応機器を本体にかざすだけで接続が可能だ。Bluetoothはオートコネクト機能とスタンバイ機能により、本機の電源が切れていても、ワイヤレス接続と同時に本機の電源が入って再生を開始する。

 低音を強調した「クラブサウンドブースト」、圧縮音源を高音質で再生する「アドバンスド・サウンドレトリバー」、音質をカスタマイズできる「EQ調整」のほか、音程は変えずにスピードだけ変えて再生する「テンポコントロール」などの機能を搭載。GUIカラーのカスタマイズも可能だ。


「X-CM35」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集