logo

iPhoneとiPadを透明化する不思議なケース「HandyCase」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で、iPhoneやiPadの画面を透かして裏側の指を見ることのできる不思議なケース「HandyCase」を見つけた。いったい何の役に立つのだろうか。


iPadが透けて役に立つのか?(出典:Kickstarter)

 HandyCaseは、実はiPhoneを透明化していない。ケース背面がタッチパネルの機能を備えており、指の触れた位置に合わせて指の画像を画面に表示している。背面の指が透けて見えたところで意味などないように思うが、背面から画面をタップできる、と聞けば話は変わる。HandyCaseを装着したiPhoneやiPadは、画面を指や手で遮らず、背面の指で操作できるのだ。


iPhoneが背面から操作可能に(出典:Kickstarter)

 HandyCaseを取り付けて電源を入れると、Bluetooth接続して背面からの操作が可能になる。大きいiPadの場合、両手でしっかり持ったまま操作できるので安心だ。また、逆に画面の広さが限られるiPhoneを使う際は、画面を隠さないので操作しやすくなる。1台のiPadを、1人は表から、もう1人は背面から操作する、といった使い方もできる。


画面を遮らず操作できる(出典:Kickstarter)

 対応しているiOSデバイスは、「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s Plus」「iPad mini」「iPad mini 2(iPad mini with Retina Display)」「iPad mini 3」「iPad Air 2」「iPad Pro」。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月23日まで。目標金額の10万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間9月24日13時)で約7万5000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集