logo

ソニー、高感度撮影と5軸手ブレ補正を備えたフルサイズミラーレスカメラ「α7S II」

加納恵 (編集部)2015年09月18日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月18日、ミラーレス一眼カメラに35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサを搭載した「α7S II」を発表した。最高ISO40万9600の高感度性能を搭載する。発売は10月16日で、想定税別価格は42万円前後。


「α7S II」

 有効約1220万画素35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサと、画像処理エンジン「BIONZ X」の組み合わせにより、最高ISO40万9600の高感度撮影を実現。全画素読み出しによる、高解像度4K動画撮影をサポートし、フルHD撮影時にも画素加算のない全画素読み出しに対応する。

 記録フォーマットにはXAVC Sフォーマットを採用し、4K 30p/24p記録時は最大100Mbps、フルHD 60p/30p/24p記録時には最大50Mbpsの高ビットレートでの高画質記録を実現。フルHD 120fps記録とスローモーション動画記録も可能だ。

 ボディ内には光学式5軸手ブレ補正機能を備え、望遠レンズ装着時に起こりやすい角度ブレやマクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるに従い顕著に現れるシフトブレに対応。動画撮影時でも5軸による精度の高い手ブレ補正を行う。

 ボディサイズは高さ95.7mm幅126.9mm××奥行き60.3mmで、重量約584g(本体のみ)。フルマグネシウム合金ボディを採用した。

-PR-企画特集