logo

LEDで可視光通信する玩具向け技術「Linux Light Bulbs」--ディズニー研究機関

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyの研究機関Disney Researchは、LED電球を点滅させて無線データ通信を実現するための可視光通信技術「Visible Light Communication(VLC)」を発表した。

 安価かつ容易に「Linux Light Bulbs」と呼ぶIPネットワークを構築できるため、インターネット対応玩具や相互通信玩具、ウェアラブルデバイス、スマート衣服、IoTなどに応用可能という。


可視光通信を玩具に応用(出典:Disney)

 LEDは白熱電球と違って高速に点灯、消灯可能なため、データ通信に利用できる実用的な速度で2進コードを送れる。光の点滅を検出するフォトダイオードとLEDを組み合わせたデバイスを用意すれば、光コードを送受信するLED電球によるネットワークが作れる。


点滅で2進コードを表現(出典:Disney)

 VLC対応LEDを使うだけで無線データ通信ができるため、双方向通信可能な玩具などを開発しやすい。たとえば、魔法の杖で光るプリンセスのドレス、スマートフォンと通信する玩具、連携して何らかのアクションを起こすミニカーなどが考えられる。


さまざなアイデア(出典:Disney)

 Disney Researchは、LinuxベースのVLCデバイスで使うためのIPスタックとその他プロトコルに関する論文(PDF文書)を公開している。

-PR-企画特集