「iPad Pro」×「Smart Keyboard」の打ち心地は?--松村太郎が体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコで9月9日に開催されたApple Special Eventのハンズオン体験レポート第6回。今回はiPad Proとともに紹介された、キーボード付きのカバー、169ドルのSmart Keyboardの打ち心地をレポートする。

「Apple Pencil」は未来の鉛筆--書き心地を松村太郎が体験
ウェブを見ながら文書作成も--マルチタスキングに対応した12.9インチの「iPad Pro」
iPad ProとSmart Keyboard。カバー部分がスタンドとキーボードを兼ねており、ノートPCを開いたような形で操作できる。Macとの違いはトラックパッドがないことだ。パームレストは用意されていない
iPad ProとSmart Keyboard。カバー部分がスタンドとキーボードを兼ねており、ノートPCを開いたような形で操作できる。Macとの違いはトラックパッドがないことだ。パームレストは用意されていない

MacBookと同じバタフライメカニズムを採用した薄型キーボード

 iPad Pro向けのキーボードカバーとして用意されたSmart Keyboardは、MacBookと同じバタフライメカニズムを採用した薄型キーボードを、スマートカバーの専用素材で包み込み、カバー、スタンド、キーボードの用途で利用できるよう、折りたたみ方を工夫した製品だ。

iPad ProとSmart Keyboardとは、Bluetoothではなく、3極の専用端子、Smart Connectorによって接続される
iPad ProとSmart Keyboardとは、Bluetoothではなく、3極の専用端子、Smart Connectorによって接続される

 Smart Keyboardの装着は、これまでのSmart Coverと同様だが、カバー部分を折りたたんでスタンドにし、キーボード部分をテーブルに接地させると、iPad Proと接続する3極のSmart Connector用の端子がスタンド最下部に用意された状態になる。

Smart Connector部分
Smart Connector部分

 ここにiPad Proを置くと、KeyboardとiPad Proが接続を認識し、すぐにキーボードが利用できるようになり、スタンドに立てている状態であれば、つねにキーボードを利用できる。

ビジネスでの利用を考える際、セキュリティに配慮するなら、無線よりも有線接続が望ましい
ビジネスでの利用を考える際、セキュリティに配慮するなら、無線よりも有線接続が望ましい

 ワイヤレスキーボードもレイアウトを自由に組み替えられるのは便利だが、Bluetoothのようにペアリングの設定をしたり、途切れてしまった接続を再確立する必要がある。電波干渉の起きやすいオフィスなど、環境によっては仕事がスムーズに進められないこともある。iPad ProとSmart Keyboardには、こうした「信頼性」を高めながら、キーボードを持ち運べるようにする工夫が施されている。

浅いキーストローク、打鍵感は?

Smart Keyboardを折りたたんだところ。Smart Coverよりは厚みが増すが、ノートPCほどの厚みにはならず、コンパクトさを保っている
Smart Keyboardを折りたたんだところ。Smart Coverよりは厚みが増すが、ノートPCほどの厚みにはならず、コンパクトさを保っている

 さて、肝心の打鍵感だが、前述の通りMacBookと同じメカニズムで、1キーずつが独立して配置される方式を採っている。ただしキートップはMacBookの方が大きいが、Smart Keyboardでも充分な大きさを確保している。しかし、キーストロークはきわめて浅い。

 MacBookの打鍵感が「パチパチ」だとしたら、Smart Keyboardはより静かな音を奏でる。その理由は、Smart Keyboardがファブリックでキーボード部分も覆われているためだ。接写してみると、ファブリックでキーごと覆われている様子が分かる。

 表面には適度な繊維の感触と抵抗が残るものの、指先の素早い動きに引っかかりを覚えることはなかった。キーボードこそ、好みに大きく左右されるインターフェースではあるが、既存製品ではMacBookがイメージとしては近い。

 筆者はMacBookとともに打鍵感のしっかりした外付けキーボードも利用しているが、きわめて浅いストロークのSmart KeyboardではMacBookと同じコツ、なるべく指先を弾ませず動きを小さくしながらタイピングをするのがおすすめだと感じた。

MacBookと同じ、バタフライ型のメカニズムが採用された薄型のキーボード
MacBookと同じ、バタフライ型のメカニズムが採用された薄型のキーボード
カバーの素材によって打鍵感はMacBookよりもマイルドだが、しっかりとタイピングができるサイズと指先への感触があった。MacBookを利用している筆者からすると、さほど違和感を感じなかった
カバーの素材によって打鍵感はMacBookよりもマイルドだが、しっかりとタイピングができるサイズと指先への感触があった。MacBookを利用している筆者からすると、さほど違和感を感じなかった
iOS 9の機能で、キーボードを接続した際、iPadの画面最下部には単語の予測変換候補やテキスト編集ボタンが用意される
iOS 9の機能で、キーボードを接続した際、iPadの画面最下部には単語の予測変換候補やテキスト編集ボタンが用意される
また、commandキーを長押しすると、利用できるキーボードショートカットが画面に表示され、キーボードを最大限に生かせる
また、commandキーを長押しすると、利用できるキーボードショートカットが画面に表示され、キーボードを最大限に生かせる
iPhone 6s/6s Plusに登場した新色、ローズゴールドをチェック--松村太郎が体験 iPhone 6sで進化したカメラ機能、再生中に拡大できる4Kビデオ--松村太郎が体験
iPhone 6s/6s Plusに搭載された「3D Touch」の使い心地は?--松村太郎が体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加