logo

“ハイブリッドVOD”「ゲオチャンネル」が2016年2月サービス開始へ

加納恵 (編集部)2015年09月15日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レンタルビデオのチェーンストアなどを展開するゲオとゲオネットワークスは9月15日、映像配信サービス「ゲオチャンネル」を開始すると発表した。サービス開始は2016年2月。動画見放題のベーシックプランを月額税別590円で提供する。

 ゲオは1989年に創業。映像ソフトのレンタル店舗を全国に約1200店舗構え、年間のユニーク利用者数は1600万人を超える。現在は宅配レンタルサービスなども実施している。

 新たにスタートするゲオチャンネルは、「dTV」「UULA」などの映像配信サービスも手がけるエイベックス・デジタル(エイベックス)とのコラボレーションによるもの。エイベックス側が提供する映像配信サービスに、ゲオが運営する店舗や宅配でのレンタルをオプションプランとして提供するハイブリッドVODサービスとして打ち出す。

 ゲオホールディングス代表取締役社長である遠藤結蔵氏は「ゲオチャンネルは、映像配信サービスと店舗、宅配レンタルを組み合わせたゲオならではのハイブリッドVODサービス。これまで映像配信プラットフォームの運営を数多く手がけ、パイオニア的存在である強力なパートナー、エイベックス・デジタルと新しいサービスを作り上げる」と立ち上げに関してコメントした。

 これを受け、エイベックス・グループ・ホールディングスの代表取締役副社長 CSOである千葉龍平氏は今回の新サービス開始を「ゲオの英断」と高く評価。「間違いなく押し寄せるであろうデジタル化の波を正面から捉えて、自ら持っている概念や構造を突き崩しながら進んでいる。また強みである直営店の良さもいかしており、まさにゲオエコシステムというようなビジネスモデルを作り上げている」と話した。


左からゲオホールディングス代表取締役社長である遠藤結蔵氏とエイベックス・グループ・ホールディングスの代表取締役副社長 CSOである千葉龍平氏
  • 料金形態は「ベーシックプラン」を中心に3つを用意

 ゲオチャンネルは、月額税別590円の配信コンテンツが見放題の「ベーシックプラン」を軸に、見放題コンテンツと旧作タイトルが1カ月で20本までレンタルできる「店舗オプションプラン」(税別:1180円)、見放題コンテンツと宅配レンタルで旧作タイトル8本まで月1回、14泊15日でレンタルできる「宅配オプションプラン」(サービス開始後順次対応/同:1180円)の3つの料金形態を用意。すべてのプランを契約すると月額1770円になる。

  • 店舗、宅配、配信と三位一体を実現することで、すべての項目に強いサービスを目指す

 配信コンテンツ約8万タイトル以上に加え、店頭レンタル約13万タイトル以上、宅配レンタル約37万タイトル以上をそろえるコンテンツの多さが特徴だ。また、ベーシックプランでは都度課金による個別購入タイトルもラインアップするほか、成人向けコンテンツを見放題作品として用意。毎週10作品程度を更新し、常時50作品をそろえる。

 視聴するには、専用アプリが必要になり、スマートフォン、タブレット、PCなどのマルチデバイスに対応。1アカウントで最大5台までのデバイスを登録でき、コンテンツのダウンロード機能も備える。

 エイベックス・デジタルが提供する映像配信サービスの特徴でもある「フィルムタグ」や独自のレコメンドシステムは、ゲオチャンネルでも採用。レコメンドシステムにおいては、ゲオが持つリアル店舗などでの視聴履歴と掛け合わせることで、独自の高機能レコメンドを提供する。

  • ゲストに天野ひろゆきさん、千秋さん、境治さんを迎えてのトークセッション。司会進行はフリーアナウンサーの政井マヤさん

 発表会場では、ゲストとしてお笑い芸人のキャイ~ンの天野ひろゆきさん、タレントの千秋さん、メディアコンサルタントの境治さんが登場。「店頭に行って、借りる手間がいらないところがいい。さらにパッケージが見たいときなどは店舗を利用するなど選択できるところが魅力」(天野さん)、「視聴履歴も残せるので、映画の本棚みたいになる。もう一度借りにいかなくてもいいのは便利」(千秋さん)と、ゲオチャンネルに対してコメント。加えて境さんは「ユーザー分析をしてきたゲオが、そのデータを配信でどう生かすかに興味がある。米国で成功した『Netflix』はリアル店舗を持たなかったが、リアル店舗を持つ部分がゲオの強みになるかもしれない」と話した。

 ゲオチャンネルは、ゲオとエイベックスが約1年間の協議を経て今回の発表までこぎつけたとのこと。オリジナル作品の提供については「現在企画中」としており、4KやHDRの配信についても「意欲的に取り組んでいきたい」としている。

 サービス時には無料コンテンツも用意し、現在1600万人いるゲオ会員を無料会員化し、視聴できる環境を整える。さらにサービス加入後は1カ月の無料視聴期間も設ける。会員獲得目標については「できるだけ早期に100万人を達成したい」とした。


トークセッションのゲストは天野ひろゆきさん、千秋さん、境治さん

-PR-企画特集