iPhone 6s/6s Plusに登場した新色、ローズゴールドをチェック--松村太郎が体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコで9月9日に開催されたApple Special Eventのハンズオン体験レポート第3弾。iPhone 6s/iPhone 6s Plusに新色として追加されたローズゴールドをチェックした。

iPhone 6s/6s Plusに搭載された「3D Touch」の使い心地は?--松村太郎が体験
iPhone 6sで進化したカメラ機能、再生中に拡大できる4Kビデオ--松村太郎が体験

素材はより硬い7000シリーズアルミニウムになり、新色も登場

 iPhone 6世代と共通のデザインとなるiPhone 6s/iPhone 6s Plus。中身はもちろん進化しているが、外装も進化していた。

 Apple Watch Sportで採用されていた堅牢性と軽さを追求した7000シリーズアルミニウムは、iPhone 6登場時に指摘された本体が折れ曲がる問題に対処したものだ。ちなみにガラスも、Apple Watch Sportと同じIon-Xガラスを採用した。

 素材が変わっただけでなく、新たに「ローズゴールド」が追加された。AppleはiPhone 5cで、よりポップなカラー展開を試したが、市場には受け入れられなかった経緯がある。

 今回のローズゴールドの登場は、iPhoneの人気を集める要素である高級感あふれる金属ボディの採用が正しいことを確認した上で、遊び心やかわいさを表現できるカラーバリエーションを強化しようという施策といえるだろう。

Phone 6sローズゴールド。本体はツヤを落としてあるが、ボタン類などのパーツはよりシャイニーに磨かれており、アクセントとしての役割を果たしている
Phone 6sローズゴールド。本体はツヤを落としてあるが、ボタン類などのパーツはよりシャイニーに磨かれており、アクセントとしての役割を果たしている

高級感とみずみずしさ、アクティブとシックを兼ね備えた魅力

 ローズゴールドは、ゴールドにピンクを足した、ややビビッドにも見える新色だ。

ディスプレイ側は白となっており、背面のラインも白が選択されている。ただ、あまり真っ白というわけではなく、ローズゴールドの色に調和が取れた落ち着いた表情をみせる
ディスプレイ側は白となっており、背面のラインも白が選択されている。ただ、あまり真っ白というわけではなく、ローズゴールドの色に調和が取れた落ち着いた表情をみせる
ローズゴールドモデルを手にとったところ。Touch IDのリングもローズゴールドになっており、白いボタンと相まってより新色を楽しめる
ローズゴールドモデルを手にとったところ。Touch IDのリングもローズゴールドになっており、白いボタンと相まってより新色を楽しめる

 シルバー、ゴールド、あるいはスペースグレイと並べてみると、その派手さが印象深い。ところが、ローズゴールド単体で見ると、非常にシックで落ち着いた色合いに見えてくるから不思議だ。

 写真には、既存の色としてラインアップされてきたゴールドとの比較、Apple Watch Sportに新たにも登場したローズゴールドモデルとのマッチングを紹介している。

iPhone 6sのゴールドとローズゴールドを並べてみた。2つを比較すると、大きく色が違うことが分かる
iPhone 6sのゴールドとローズゴールドを並べてみた。2つを比較すると、大きく色が違うことが分かる

 また、わざと光が弱い状態を強調した写真も用意した。写真の色味としては本来のものではないが、例えば暗いレストランや夜にどのように見えるのか。参考になれば幸いだ。

この写真では、わざと光を押さえて、どのように映るのかを試してみた。暗いところでは、ゴールドとの比較の写真に比べ、グッと落ち着いた雰囲気になっていることがわかる
この写真では、わざと光を押さえて、どのように映るのかを試してみた。暗いところでは、ゴールドとの比較の写真に比べ、グッと落ち着いた雰囲気になっていることがわかる

 日中の屋外などの明るいところで本来の色味として見えている状態よりも、ぐっとシックに映ることにお気づきだろうか。

 iPhone 6sシリーズが持つ高級感はそのままに、アクティブな遊び心の雰囲気と、シックで落ち着いたトーンを併せ持つ、非常に魅力的なカラーリングといえるだろう。

 落下などがやや不安かもしれないが、ぜひケースをつけずに、さまざまな表情を楽しみたい。

Apple Watch Sportにもゴールド、ローズゴールドが登場した。ゴールド系のカラーが、最も廉価なスポーツモデルに登場したのはうれしい(以前は100万円以上のEditionにしかゴールドがなかった)
Apple Watch Sportにもゴールド、ローズゴールドが登場した。ゴールド系のカラーが、最も廉価なスポーツモデルに登場したのはうれしい(以前は100万円以上のEditionにしかゴールドがなかった)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加