logo

シャープ、シースルーディスプレイを豊洲駅に設置--9月19日から実証実験

加納恵 (編集部)2015年09月14日 15時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは9月14日、シースルーディスプレイを東京メトロ豊洲駅で実証実験すると発表した。カラーフィルターを用いることなく、R(赤)、G(緑)、B(青)の光源の点灯に合わせて画面を切り替えることで、シースルーのカラー映像を表示する。実証実験期間は9月19日から半年程度。20型のシースルーディスプレイを有楽町線豊洲駅の透過型ホームドアに設置し、駅の案内や広告などの映像コンテンツを表示する。

 試作したシースルーディスプレイを設置するのは今回が初めて。IGZO液晶ディスプレイ技術の採用により、画面の高速切り替えによるなめらかな動画表示と、透過率の飛躍的な向上を実現しているという。

-PR-企画特集