logo

「iPhone 6s」で強化された機能--アップル旗艦スマートフォンの第一印象 - (page 3)

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年09月14日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロセッサ

 見えない部分のアップグレードには、Apple独自のプロセッサ「A9」がある。内部がどうなっているかは謎というAppleのテーマは今回もそのままだ。短いデモの間だけで評価することはできないが、これがAppleの第3世代の64ビットチップだということはわかっている。Appleによると、A9は通常のコンピューティングタスク(アプリの起動など)に関して2014年の「A8」より70%高速化し、グラフィック処理(ゲームなど)は90%高速化しているという。

LTEとWi-Fiの接続がさらに速く

 Appleは、iPhone 6sでは最高速度の「LTE-Advanced」を利用でき(居住している地域が対応している場合)、最新最高のWi-Fiネットワークもサポートされると述べている。

「iOS 9」がやって来る

 iPhone 6sとiPhone 6s PlusではiOS 9が稼働し、よりスマートになった「Siri」、最大3時間長くなるバッテリ持続時間、新しい省電力モードなど、一連のソフトウェア機能強化がすべて利用できるようになる。iOS 9は現在パブリックベータの段階で、米国時間9月16日にリリースされる予定だ。詳細についてはこちらの記事を読んでほしい。

価格設定と発売時期

 iPhone 6s(と5.5インチの兄弟機iPhone 6s Plus)は、9月12日に事前予約が開始された。各国の店頭に並ぶのは9月25日の予定だ。

 米国では、16Gバイトモデルが契約付きで200ドルからとなる(iPhone 6s Plusは契約付きで300ドルから)。

変化は十分に大きいか

 iPhoneの「s」シリーズにおける機能強化が購入に値するのか、という問いは毎年の恒例になっている。その答えは2015年も例年同様に、「現在使っているモデル次第」というところだ。多くの人にお勧めなのは、「s」バージョンだ。より磨きがかけられており、内部においてスピードが向上している。しかし、外見はあまりエキサイティングではない。

 「iPhone 5s」には、Touch IDが大きな新機能として追加された。iPhone 6sとiPhone 6s Plusにとって、3D Touchがそのような機能に相当する。3D Touchは、iPhoneに対する変更として、はるかに影響力の大きなものと最終的になるかもしれない。しかし、それは、どのアプリが対応するかによる。すべてのiPhoneが3D Touchを採用しない限り、同機能が多用されることはないだろう。しかし、3D Touchの本当の使い心地を知るには、デモルームで10分以上は試す必要がある。

 実際、iPhone 6やiPhone 6 Plusを2014年に買ったのなら、本当の意味で買い換えの動機になるのはカメラくらいだ。確かにスペック上は大幅に強化されている。iPhone 6でも写真は美しかったので、スマートフォンでよく写真を撮る人にとってはかなり魅力が大きいだろうし、新しい前面フラッシュは自撮り好きの人に良さそうだ。しかし、どれだけ良くなったかは、やはり使ってみなければ不明だ。

 iPhone 5sかそれ以前のモデルを使い続けてきたユーザーにとって、iPhone 6sはかなり高速で、これまでより新鮮でパワフル、そして、非常に大きな飛躍を遂げたと感じられるだろう。そして、iPhone 6モデルよりも100ドル余分に支払うことになるが、おそらく価格に見合ったものとなるだろう。新しいプロセッサ速度をこの時点で入念に調べるのは難しいが、仕様上はやはり大幅に向上している。ただし、既存の端末でもすでに十分早い。

 「Android」のハイスペックモデルをすでに使っている場合、iPhone 6sとiPhone 6s Plusは十分に刺激的な端末といえるだろうか?2014年のiPhone 6モデルは明らかにそうだった。3D Touchは新しいが、新型iPhoneに搭載されている他の機能はかなり慣れ親しんだもののように感じられる。Googleの音声アシスタントは、検索精度の点でも機能の豊富さという点でも、すでにSiriを上回っている。GoogleのAndroidソフトウェアの次期バージョンでは、機能が強化されていく一方だろう。iOS 9のSiri、そして、新しいiPhoneに搭載される常にオンの状態のSiriがどれほど太刀打ちできるかを見ることになる。

 いつものことだが、これらの端末をレビューするまでは全体像を知ることはできない。しかし、新しいiPhoneが、新しいiPad、Apple Watch、そして、Apple TVと同じ場で発表されたことには理由がある。iPhoneだけでは驚きや興奮を呼び起こせないからだ。しかし、新しいiPhoneをしばらく待ちわびていた人たちにとって、端末をアップグレードする良い機会となると考えられる。

figure_4
Live Photosや3D Touchのような機能はアップグレードするだけの動機となるか?
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]