logo

在京AMラジオ3局、12月にワイドFMの放送を開始

加納恵 (編集部)2015年09月10日 19時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送の在京ラジオ3局は、AM放送がFM放送用の周波数で聞ける「ワイドFM」に対応する。放送を12月に開始する。

 ワイドFMとは、AM放送局の放送エリアにおいて、FM放送用の周波数(90~95MHz)を用いてAM番組を放送すること。「FM補完放送」と呼ばれており、今回在京ラジオ3局が「ワイドFM」と名付けた。

 従来のFM放送局の周波数である76~90MHzではなく、新たに割り振られた周波数を使用しており、ビルやマンションでも受信しやすいほか、ノイズが少なく聞き取りやすいことが特徴。FMラジオは高台などから放送できるため、AMラジオでは放送することが困難な災害時などでも、放送ができる。

 FM放送での周波数は、TBSラジオが90.5MHz、文化放送が91.6MHz、ニッポン放送が93.0MHz。いずれもAMでの放送は継続する。

 ワイドFMを聴くには、90MHz以上の周波数が受信できるFMラジオチューナ搭載機が必要。すでにソニーやパナソニック、JVCなどから対応機が発売済みだ。なお、2011年7月24日以前のアナログテレビ音声の聴取が可能なFMラジオでも聴くことができる。

-PR-企画特集