logo

アップル「iPad Pro」を手にしてみた--12.9インチ画面タブレットの大きさを実感 - (page 2)

Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年09月11日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こうしたアクセサリは、何の目的もなく開発されたわけではない。Apple PencilとSmart Keyboardの機能をフル活用する生産性アプリも多数用意されている。AppleのiOS 9の新しい「Notes」「Mail」アプリのほか、Adobe製アプリ、「Word」「Excel」「PowerPoint」を含む「Microsoft Office」スイートアプリもiPad Proに対応し、Apple Pencilのサポートが統合されている。先ごろ発表された「Split View」機能(2つのアプリを同時に表示する機能)と組み合わせれば、iPad Proは本格的なマルチタスキングに最適なデバイスになるだろう。

Smart Keyboardにはトラックパッドはない。
Smart Keyboardにはトラックパッドはない。
提供:James Martin/CNET

 しかし、スクリーンが大きくなっても、音が大きくならなければ意味がない。iPad ProはiPad Airの3倍の音量を出せるスピーカーを4基備えており、本体の持ち方によって、左右の音のバランスが自動的に調節される。他の機能には、ホームボタンに組み込まれた「Touch ID」センサや、8メガピクセルの「iSight」背面カメラなどがある。注目すべきは、予想どおりではあるが「USB-C」ポートが搭載されていないことだ。

 iPad Proは、Apple製タブレットで最も「グリーン」なモデルの1つでもある。PVCフリーで、再利用可能なアルミニウムとヒ素フリーのディスプレイガラス、水銀不使用のLEDバックライトディスプレイで作られている。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイで、11月に発売予定だ。価格は、32Gバイトモデルが799ドル、128Gバイトモデルが949ドル、128GバイトのLTEモデルが1079ドルとなっている。もちろんアクセサリは別売りで、Apple Pencilが99ドル、Smart Keyboardが169ドルで販売される。

iPad Air 2をピンチアウトで拡大したようなiPad Pro
iPad Air 2をピンチアウトで拡大したようなiPad Pro
提供:James Martin/CNET

 iPad Proとともに、iPad mini 4もひっそりと発表された。7.9インチのiPad mini 4は新しい8メガピクセルの背面カメラを備え、RAMが2Gバイトに増量され、iPad Air 2と同じプロセッサが採用されている。既に販売が開始されており、価格は399ドルからだ。

 他のiPadについては、ハードウェアアップデートはなかったが、価格が下がった。iPad mini 2は269ドルに値下げされ、iPad Airの価格は399ドルからになった。iPad Air 2は499ドルだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]