logo

キヤノン、約2億5000万画素のCMOSセンサを開発--フルHDの約125倍、4Kの約30倍

坂本純子 (編集部)2015年09月07日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは9月7日、35mmフルサイズ以下において世界最高画素数である約2億5000万画素(19580×12600画素)のAPS-HサイズのCMOSセンサを開発したと発表した。

約2億5000万画素CMOSセンサ
約2億5000万画素CMOSセンサ

 このセンサを搭載したカメラを用いて、撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字の識別に成功した。

 約2億5000万画素のCMOSセンサを搭載したカメラを用いて撮影した動画は、フルHD(1920×1080画素)動画の約125倍、4K(3840×2160画素)動画の約30倍という超多画素になる。任意の領域をトリミングし、大幅に拡大しても解像感が損なわれない映像を得られるとしている。

 CMOSセンサは、画素数が増えるほど信号量が増加し、信号遅延やタイミングのわずかなずれが問題になる。新開発のCMOSセンサは、約2億5000万画素という超多画素でありながら、回路の微細化や信号処理技術を進化させることで、1秒間に12億5000万画素の超高速な信号読み出しを実現。これにより、毎秒5コマのスピードで超多画素な動画を撮影可能にしたという。

 キヤノンは、この技術を特殊監視・防犯機器への応用や、超高精細計測機器・産業機器への応用、映像表現分野への応用などを検討する。

新開発のCMOSセンサを搭載した試作カメラ(EF35mm F1.4L USM 装着時)
新開発のCMOSセンサを搭載した試作カメラ(EF35mm F1.4L USM 装着時)

-PR-企画特集