logo

ソニー、“ネイティブ4K”プロジェクタにシアター、リビングで選べる2機種を発表

加納恵 (編集部)2015年09月04日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月4日、リアル4Kプロジェクタ「VPL-VW515/VW315」(税別価格:90万円/75万円)と、4Kクラスの超解像処理を実現した2Kプロジェクタ「VPL-HW60」(同:35万円)を発表した。いずれも10月9日に発売する。


4Kプロジェクタ「VPL-VW515/VW315」と2Kプロジェクタ「VPL-HW60」

 ソニーでは現在、4Kモデルを2機種、2Kモデルを2機種の計4機種をラインアップ。新製品発表により、最上位モデルの「VPL-VW1100ES」(同:170万円)の販売は継続し、4Kモデルを3機種、2Kモデルを1機種へとモデル構成を変更する。

 拡充した4Kモデルは、シアター(暗室)での使用を意識したVW515と、リビングでも4K画質を大画面で視聴できるVW315の2モデルをそろえる。

 いずれも0.74型4KSXRDパネルを搭載したリアル4K解像度を実現し、光源の高圧水銀ランプを新しいものに変更することで、従来4000時間だったランプ使用時間を6000時間へと長寿命化した。

 上位機となるVW515は、HDR(High Dynamic Range)に対応し、4K対応の次世代ディスク規格「Ultra HD Blu-ray」(UHD Blu-ray)などでの採用が予定されているHDRコンテンツの再生が可能。映像の白から黒への比率を識別してアイリスを絞ることで、ランプからの光量を映像に合わせて適切に調整する「アドバンストアイリス3」を備え、30万対1のダイナミックコントラストを実現する。

 両機種ともにサイズは高さ195mm×幅496mm×奥行き464mmで、重量約14kgと外観は前モデル「VPL-VW500ES」を踏襲。VW315は、アドバンストアイリス3を省き価格を抑えたほか、リビングルームにも設置しやすいプレミアムホワイトカラーを採用した。

  • 4Kプロジェクタ「VPL-VW515/VW315」

  • HDMI端子2系統のほか、トリガー端子、USB、LAN端子などを備える

  • リアパネル

 2KモデルのHW60は、4Kモデルと同じ「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を採用することで、4K画質に迫る高画質を追求したモデルだ。現行モデル「VL-HW55ES」に比べ、S/Nを向上したほか、明るさも従来の1700ルーメンから1800ルーメンへと向上。トリガー、LAN、USB端子を備え、USBアップデートにも対応する。サイズは、高さ179mm×幅407mm×奥行き464mmで、重量は約9kg。

 3モデルすべてで、3D方式には、安定した接続ができる無線方式3Dに対応。ゲーム用の遅延低減モードも備え、大画面でのストレスのないゲームプレイも実現した。

  • 2Kプロジェクタ「VPL-HW60」

  • HDMI端子2系統のほか、トリガー端子、USB、LAN端子などを備える

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集