logo

テクニクスのアナログレコードプレーヤーが復活--2016年にも商品化

加納恵 (編集部)2015年09月03日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月3日、新開発の「ダイレクトドライブモーター(D.D.モーター)」を搭載したアナログレコードプレーヤーを開発したと発表した。テクニクスブランドから2016年の商品化を目指す。

 開発品には、新開発のD.D.モーターと新設計の高精度モータ制御技術を採用し、回転中の微小な振動や回転ムラを抑制。滑らかで高安定な回転を実現したとのこと。これにより、アナログレコードに刻まれた温かみのある音や、精妙なニュアンスの音の再現ができるようになる。


「D.D.モーター」の構造断面図

 パナソニックでは、1970年に世界で初めてダイレクトドライブ方式のアナログレコードプレーヤーを発売。その後、DJユースとしても親しまれた「SL-1200」をテクニクスブランドから発売し、ヒットモデルとなった。

 テクニクスブランドは、2014年に4年ぶりに復活。2015年は「新生・テクニクス」として2年目を迎え、テクニクスブランドとしては誕生から50周年になる。開発試作機は、独ベルリンで開催される国際コンシューマーエレクトロニクス展「IFA2015」に参考出展する。


アナログレコードプレーヤーの開発試作機
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集