logo

これから釣る魚が見えるかも--Wi-Fiカメラ内蔵の“浮き”「Fishing FanCam」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 魚釣りの際、狙ったポイントに魚がいるかどうか実際に見て確かめられたら便利だろう。そんなことを可能にするデバイス「Fishing FanCam」が、クラウドファンディングサービスIndiegogoに登場した。


Wi-Fiカメラ内蔵の“浮き”(出典:Indiegogo)

 Fishing FanCamは、魚釣り用の“浮き”として使えるワイヤレスカメラ。釣り糸に取り付けて水に投げ入れると、HDカメラで撮影した映像を無線LAN(Wi-Fi)経由でスマートフォンやタブレットにストリーミング配信する。これで魚影がまったく確認できないようならば、狙う場所を変えた方が良さそうだ。


下方向を撮影する(出典:Indiegogo)

 Wi-Fiの対応規格はIEEE802.11bgnで、Fishing FanCamの開発チームによれば100mほど離れても映像が見られるという。


魚を見ながら釣りができる(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間8月31日11時)で集まった金額は約2000ドル。

-PR-企画特集