logo

ドローンのビッグデータを解析--オプティムが佐賀県と農業IT化を推進

藤井涼 (編集部)2015年08月28日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オプティムは8月27日、ドローンに対応したビッグデータ解析プラットフォーム「SkySight」を発表した。ドローンによる映像の空撮のほか、IoTやウェアラブル端末のデジタルビッグデータを統合管理し、解析したり遠隔制御したりできる。同社によれば、世界初のプラットフォームとなる。


「SkySight」の利用イメージ

 SkySightでは、ドローンによるスキャニングデータのマッピングや、ウェアラブルデバイスによるデジタルデータのマッピング、各種センサデータのマッピング、ドローンによるスキャニングデータの画像解析や異常検知が可能。

 これにより、スキャニングデータ、センシングデータ、デジタル作業ログデータを組み合わせて、複合的な情報による判断や新たな発見ができるとしている。また、過去データをさかのぼった解析もできるので、経過比較による情報の判断なども可能だという。

 さらに、ビッグデータとして蓄積したデジタルデータに対して、各産業の専門的な知見(アルゴリズム)を組み込み、自動解析を実施。オプティムが長年研究を重ねてきた、リモートテクノロジにより、ウェアラブルデバイスを遠隔地から制御することもできるという。


佐賀県とともにビッグデータを農業に活用

 オプティムは8月27日に、佐賀大学農学部と佐賀県生産振興部との連携協定を締結。佐賀県が保有する農業試験研究機関の田畑や、佐賀大学が保有する田畑で、ドローンを活用したデジタルスキャニングを実施する。

 デジタルスキャニングしたビッグデータを解析し、病害虫の早期発見や生育管理を手軽にできるようにすることで、人材不足の解決と効率的な農作業(施肥、雑草・害虫・鳥獣害防除、収穫)を目指すとしている。


-PR-企画特集