logo

ワイヤーを使って動きを制御するドローン--写真で見る「Fotokite Phi」

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年08月31日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Fotokite Phi」

 Perspective Robotics AGのFotokite Phiは、空からの写真やビデオの撮影でクアッドコプターを飛ばすことをより安価で手軽にするために設計されている。BBCなどのニュースメディアで使用されている同社のプロ版と同様に、Phiはリモコンやモバイルアプリの代わりに巻き取り式のワイヤーを使用するようになっている。

 Fotokite Phiは現在、Indiegogoで30万ドルを目標に資金集めをしており、早期出資者は、同クアッドコプターを260ドルで入手できる。早期出資者分がなくなっても、350ドルで入手可能だ。同社は出荷可能時期を2016年初旬としている。

関連記事:操縦者とワイヤーでつなげる“安全”なドローン「Fotokite Phi」--空撮も手軽に
Scroll Right Scroll Left

「Fotokite Phi」

 Perspective Robotics AGのFotokite Phiは、空からの写真やビデオの撮影でクアッドコプターを飛ばすことをより安価で手軽にするために設計されている。BBCなどのニュースメディアで使用されている同社のプロ版と同様に、Phiはリモコンやモバイルアプリの代わりに巻き取り式のワイヤーを使用するようになっている。

 Fotokite Phiは現在、Indiegogoで30万ドルを目標に資金集めをしており、早期出資者は、同クアッドコプターを260ドルで入手できる。早期出資者分がなくなっても、350ドルで入手可能だ。同社は出荷可能時期を2016年初旬としている。

関連記事:操縦者とワイヤーでつなげる“安全”なドローン「Fotokite Phi」--空撮も手軽に

提供: Lori Grunin/CNET

-PR-企画特集