logo

ソニー、チャンネル切り替えも音声調整もこれ1台--リモコン付き手元スピーカ

加納恵 (編集部)2015年08月26日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月26日、テレビの音を手元で聴くことができるモバイルスピーカに、リモコンを組み合わせたテレビ用スピーカ「SRS-LSR100」を発表した。テレビ音量のほか、チャンネル切り替えなどに対応する。発売は9月12日。想定税別価格は2万円前後になる。


「SRS-LSR100」

 SRS-LSR100は、クレードルとスピーカのセパレート構成。クレードルをテレビに接続し、2.4GHz帯を使ってスピーカにワイヤレスで送信することで、手元でテレビの音を聴くことができる。ワイヤレス接続には、独自の方式を採用することで約20msecという低遅延を実現。テレビの画面に合わせ、ストレスのない音声再生が可能だ。

 リモコンは、大手テレビメーカー8社とセットトップボックスの操作に対応。チャンネル切り替えと音声を聴くことがこれ1台でできる。

 スピーカ部には35mmのスピーカユニットを搭載し、聞き取りやすい中高域と低域を再生することが可能。独自の「ボイスズーム」を備え、アナウンサーの声など、人の会話が聞き取りやすくなるほか、周囲のノイズレベルに応じて自動でボリューム調整ができる「おまかせ音量」を搭載する。2W+2Wのアンプを内蔵。リチウムイオン充電池で駆動し、クレードル部分に置くと充電する仕組みだ。3時間で充電ができ、最大約16時間の使用ができる。

 ACアダプタのほか、オーディオケーブル、光デジタルケーブルも付属し、ヘッドホン出力または光デジタル経由での接続もサポート。スピーカ部のサイズは高さ74mm×幅196mm×奥行き77mmで、重量約440g。

  • クレードルとスピーカのセパレート構成

  • スピーカの上部にリモコン、背面にはボイスズーム機能などをそなえる

  • 35mmのスピーカユニットとパッシブラジエータを搭載する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集