logo

グーグル発のプログラミング言語「Go 1.5」がリリース--モバイルサポートを強化

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年08月21日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのプログラミング言語Goが6回目の安定版リリース「Go 1.5」を公開した。

 GoはGoogleの開発者が2007年に開発した言語で、大規模かつ高性能な分散システム上で高速なプログラミングを支援するのを目的とする。最新のバージョン1.5では、Appleの「iPhone」などのモバイル端末向けにGoアプリの構築をサポートするなど、大規模な変更が含まれている。

 Goの公式ブログによると、Go 1.5で加わった新しいOSとアーキテクチャ向けポートの中に、darwin/arm、darwin/arm64(AppleのiPhoneとiPadデバイス)、linux/arm64が「成熟した」ポートとして含まれているという。

 「新しいdarwin/ars64ポートと外部リンク機能はGoモバイルプロジェクトを加速する。Goモバイルプロジェクトは、GoがAndroidとiOSデバイス上で動くアプリを構築するのにいかに利用されるかというのを確認する実験となる」とGoogleのGoエンジニアAndrew Gerrand氏は述べている。

 Goは主としてサーバサイドのソフトウェアの問題を解決するのに使われているが、Goプロジェクトはモバイルにも拡大している。Androidのサポートが加わったGo 1.4上の最新リリースのビルドでは、開発者はGoのコードのみを使ってAndroidアプリを容易に書くことができるという。

 Gerrand氏は現在のリリースについて、完全に再設計したガベージコレクタ(メモリを使用する古いオブジェクトをクリーンアップするために使われる)とそれにともなう低遅延、スケジューリングの改善など、Goを利用する開発者向けの機能についてさらにいくつか説明している。コンパイラツールチェーンはCからGoに変換され、開発ツールも改善した。

 RedMonkが作成するStack Overflowデータに基づく6月のプログラミング言語ランキングで、Goは最上位のJavaScriptやJavaより下位に位置するが15番目となり、人気が上昇していることをうかがわせた。比較的新しいAppleのSwift言語は18番目となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集