VAIO、PCビジネスを海外に展開--第1弾は米国とブラジル、「VAIO Z Canvas」など投入

坂本純子 (編集部)2015年08月19日 16時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは8月19日、9月よりPC事業で海外に進出することを発表した。VAIOは2014年7月1日の会社設立後、国内市場向けのPCビジネスに専念してきた。今後は海外も視野に入れ、さらなる事業の拡大を目指す。

ブラジルでの展開
ブラジルでの展開

 VAIOが第1弾として選んだのは、米国とブラジルだ。ブラジルでは、現地でオリジナルPCの製造、販売、サービスなど全般を手がけPC市場で確固たる地位を持つPOSITIVO INFORMATICAとパートナーシップを結び、南米最大のブラジル市場でVAIOビジネスの垂直立ち上げを行う。また、VAIO商標を付けたPCの製造を含めたブラジルにおけるビジネス全般を委託する。「ブラジルは、リスクを排したブランドビジネス」(VAIO 代表取締役 社長の大田義実氏)と説明する。

 なお、販路や発売時期、価格についてはPOSITIVO INFORMATICAより9月に発表するとしている。ブランドサイトは、http://br.vaio.com

米国での展開
米国での展開

 米国では、transcosmos Americaをビジネスパートナーとし、米国における販売代理店契約を結んだ。まずは「Adobe Max 2014」に試作機を出展した際、非常に評判の高かった「VAIO Z Canvas」を米国に投入する。

 販売チャネルはtranscosmos AmericaのECサイトおよびmicrosoftstore.comおよび全米のMicrosoft Storeでの店舗販売を用意する。先行受注開始は9月中旬で、発売は10月5日(現地時間)。価格は2199ドルから。ブランドサイトは、http://us.vaio.com

 VAIOでは、アジアを中心に「適切なパートナーがいる」という条件のもと、他の国にも展開していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加