logo

ウェザーニューズ、予測精度向上に向け「ゲリラ雷雨ガール」活動を開始

坂本純子 (編集部)2015年08月14日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェザーニューズは、ゲリラ雷雨をもたらす雲を追跡する「ゲリラ雷雨ガール」の活動を開始したと発表した。ゲリラ雷雨による被害を軽減することを目的としたもの。

 ウェザーニューズは2008年より毎年夏に「ゲリラ雷雨防衛隊」を結成。全国の隊員とともに雲を監視し、一般的には難しいと言われているゲリラ雷雨の予測を行っている。

4人のゲリラ雷雨ガール
4人のゲリラ雷雨ガール
ライブ気象情報番組「SOLiVE24」で中継
ライブ気象情報番組「SOLiVE24」で中継

 ウェザーニューズ予報センターの“ゲリラ雷雨防衛隊本部”によって突発的な雷雨発生の可能性が高いエリアが特定されると、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の会員ユーザー向けに“スマートアラーム(ゲリラ雷雨モード)”にて注意換気を促すメッセージを配信する。

 2014年度は全国5万6000人の隊員の方から合計49万通のリポートが寄せられ、ゲリラ雷雨の発生を全国平均56分前までに通知できたという。

 ゲリラ雷雨ガールはゲリラ雷雨を発生前から追跡し、現地の空の様子を詳細に伝えることで、より高精度なゲリラ雷雨予測が可能となり、雷雨の危険が迫っていることをより早く通知できるようになる。

 また、現地の詳しい状況を24時間ライブ気象情報番組「SOLiVE24」で中継し、雲の特徴や体感などゲリラ雷雨の前兆現象のほか、雨雲の発生状況や雨の強さ、被害状況などを伝えていくとしている。

活動のプロセス
活動のプロセス

-PR-企画特集