セールスフォース、企業向けの「Apple Watch」新アプリ群を発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年08月12日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは今週、「Apple Watch」向けの接続型アプリ群を発表し、自社のポートフォリオを強化した。

 「BetterWorks Wear」は、小売担当者や店員が腕に装着したウェアラブル端末上でチームや個人の売り上げ目標を更新でき、Bracket Labsの「TaskRay」は、メモをとってSalesforceのクラウドに直接送信できる。また、ClickSoftwareの「FieldExpert」は、フィールドサービス担当者がスケジュール、サービス要請、顧客情報を出先で更新できるようになっている。

 さらに今回のリリースは、モノのインターネット(IoT)のためのデータファブリックをアピールできる新たなチャンスとなる。Salesforceの20本以上のアプリの集合体はすべて、業界パートナーが「Salesforce Wear」開発者パックを使って「Salesforce1 Platform」上で構築したものだ。

提供:Salesforce.com
提供:Salesforce.com
提供:Salesforce.com
提供:Salesforce.com

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加