logo

アルファベット限定、無料で使えるロゴ作成サービス6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつてはホームページやブログで使うロゴといえば、市販ソフトやフリーソフトなどを用いて作成するのが一般的だった。しかし最近では、オンラインで手軽にロゴを作成できるウェブサービスが多数登場し、ブラウザさえあれば誰でも手軽に使えるとあって、幅広く活用されている。なかにはロゴだけではなくシンボルマークも合わせて作成できるなど、無料サービスとは思えない本格的なメニューを用意したサービスもあるほどだ。

 今回はこうしたロゴ作成サービスのうち、アルファベットを用いた英語のロゴを作成するのに向いたサービスを6つ紹介する。いずれも簡単な操作で見栄えのよいロゴがすばやく作れるので、ホームページやブログでの利用のほか、資料の作成でも活用してみてほしい。なお、日本語が使えるロゴ作成サービスについては前回の記事で紹介しているので、こちらも併せて参照してほしい。

Logo Creator

 フリーフォントを用いたロゴが作成可能。Web 2.0風、Google風、Yahoo!風など7つのパターンがプリセットされており、ワンクリックで切り替えられるほか、文字ごとに色を変えるなどの設定も可能。多機能ではないがまずは試してみたい場合にぴったり。作成したロゴはPNGファイルでダウンロードできる。

TEXTANIM

 フリーフォントを用いたアニメーションGIFのロゴが作成可能。フォントの種類、サイズ、背景色、影の幅、文字を塗りつぶすパターンなどが選択できるほか、アニメーションGIFの速度についても設定が可能。時間帯によってはサイトがやや重いのがネック。一部のフォントでは平仮名も利用できる。

Supalogo

 フリーフォントを用いたロゴが作成可能。フォントの種類、サイズ、縁の色、縁の幅、塗りつぶしのパターンなどが選択でき、透過PNGについても作成が可能。作成したロゴはPNGファイルでダウンロードできる。サンプルは豊富に用意されており、作成中のデータをリンクとして書き出しておける。

  • Logo Creator

  • TEXTANIM

  • Supalogo

Squarespace Logo

 シンボルマーク付きのロゴが作成可能。テキストを入力したあとシンボルマークを選び、それらを合体させてひとつのマークとして扱う。名刺での利用を前提としており、色はモノクロのみ。作成したロゴはPNGファイルでダウンロードできる。印刷用の高解像度データは有料。一部のフォントでは平仮名も利用できる。

Logo Garden

 シンボルマーク付きのロゴが作成可能。業種を選ぶと多数のシンボルマークが表示されるので、そこから1点を選んだのち、テキストを入力してロゴを完成させる。テキストはフォントの種類、色、サイズ、形状が調整できるほか、ドロップシャドウなどの効果も追加できる。作成したロゴはJPGファイルでダウンロードできる。印刷用の高解像度データは有料。

Logo Design

 シンボルマーク付きのロゴが作成可能。シンプルか複雑か、クラシックかモダンか、といった問いに回答していき、最後にテキストを入力することで、イメージに合致したロゴが出力される。名刺やサイトロゴとして使う場合のプレビューも充実。作成したロゴはPNGおよびSVGファイルでダウンロードでき、高解像度データも無料で入手できる。

  • Squarespace Logo

  • Logo Garden

  • Logo Design

-PR-企画特集