Windows 10のパッケージとDL製品は9月4日から発売へ--日本マイクロソフト

坂本純子 (編集部)2015年08月07日 17時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月29日よりWindows 10の無償アップグレードをスタートした日本マイクロソフト。Windows 10 のパッケージ製品やダウンロード製品を国内でも9月4日より発売することを公式ブログで明らかにした。

 自作PCユーザー向けのDSP版は8月1日から販売されたものの、Windows 10 のパッケージ製品やダウンロード製品についてはこれまで発表してこなかった。

Windows 10のパッケージ
Windows 10のパッケージ

 Windows 10のパッケージおよびダウンロード製品は、Windows 10 HomeとWindows 10 Pro の2つのエディションから選択できる。パッケージ製品には、USBメディアが同梱され、USBメディアの中に32ビット版と64ビット版が含まれる。

 価格は、Windows 10 Proが2万5800円(税別)、Windows 10 Homeが1万3800円(税別)。Microsoft Storeでは、購入予約の受付がスタートしており、ほか全国の販売店でも順次スタートする。

「Windows ストア プリペイド カード」に製品名称へ
「Windows ストア プリペイド カード」に製品名称へ

 なお、現行の Windows 8.1、Windows 8.1 Pro、Windows 8.1 Pro Packのパッケージ製品およびダウンロード製品は、8月末にてマイクロソフトからの出荷を終了する。

 また、Windows ストア ギフトカードは「Windows ストア プリペイド カード」に製品名称を変更し、新しいデザインのカードを順次展開する。カードの利用方法や機能は、これまでと同じ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加