logo

東芝、Windows 10搭載モデル第1弾はデタッチャブルノートPC--アプリも強化

佐藤和也 (編集部)2015年08月05日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は8月5日、同社のWindows 10搭載モデル第1弾となるデタッチャブルノートPC「dynabook N29」と「dynabook N40」の2モデルを発表した。N29は8月12日、N40は9月下旬より順次発売予定。店頭想定価格はそれぞれ税別で、N29は8万円前後、N40は9万円前後。

  • タブレットとしてもノートPCスタイルでも活用できる(写真はN29)

 新商品は、タブレットとしてもノートPCスタイルでも活用できるデタッチャブルノートPC。専用コネクタによる接続により、無線接続で懸念される誤動作の問題を解消でき、安定性を確保しているという。またバッテリについて、充電時にはタブレットから先に行われ、使用時はキーボードドックから先に使われるという形で工夫が施されている。

 N29はディスプレイがが8.9型、CPUはインテル Atom Z3735Fプロセッサ、OSはWindows 10 Home 32ビット、キーボードドックにはUSB2.0×1とSDカードスロット×1搭載。
重さはタブレットが約479g、キーボードドック装着時が989g、バッテリ駆動時間はタブレットが約6時間、キーボードドック装着時が約12時間。

  • N29

  • N29(背面)

 N40はディスプレイがが10.1型、CPUはインテル Atom x5-Z8300プロセッサ、OSはWindows 10 Home 64ビット、キーボードドックにはUSB2.0×2が搭載。重さはタブレットが約552g、キーボードドック装着時が1094g、バッテリ駆動時間はタブレットが約7時間、キーボードドック装着時が約13時間。

  • N40

  • N40(背面)

 ともにWXGA液晶(1920×1200ドット)、メモリは2Gバイト、ストレージは64Gバイト、タブレットのインターフェースはmicro USB×1、micro HDMI×1、micro SDカードスロット×1、ウェブカメラ(前面部が約200万画素、背面部はN29が約500万画素、N40が800万画素)を搭載。Office mobileのほか、キャプチャ・補正アプリの「TruCapture」、ボイスレコーダーアプリ「TruRecorder」をプリインストールしている。カラーはサテンゴールド1色。

 TruCaptureはインターフェースを改善し、新搭載した撮影対象ボタンが直感的に選択できるため、撮影後の手間を軽減。さらにプロジェクターやテレビを撮影した際に発生するノイズ(モアレ)を軽減するなど機能強化が施されている。また、TruRecorderは、スマホやボイスレコーダーの録音ファイルが取り込み可能になったほか、録音データをTruRecorder形式のファイルで書き出しや読み出しができるようになり、複数のデバイスで再生することが可能となった。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集