オンキヨー、Wi-Fi&Bluetooth搭載のネットワークレシーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは7月29日、オンキヨーブランドより、ネットワークレシーバー「TX-8150」を発表した。発売は8月下旬。税別価格は6万4800円になる。

 TX-8150は、Wi-FiとBluetoothを搭載し、対応機器内の音楽をワイヤレス再生することが可能。ネットワーク上のNASやUSBメモリを介して、さまざまな音源の再生に対応する。

 MP3/WMA/WMA Losslessのほか、FLACやWAVの192kHz/24bit、DSDの2.8/5.6MHzネイティブ再生に対応。旭化成エレクトロニクス製の384kHz/32bitプレミアムDACを採用し、スタジオマスタークオリティのハイレゾ音源も高品位に楽しむことができる。

 FM/AMに加え、インターネットラジオを搭載。地上波ラジオ放送のサイマルラジオサービス「radiko.jp」や、世界中のインターネットラジオが聴ける「TuneIn」にも対応している。PHONOイコライザも装備し、MM型カートリッジのレコードプレーヤーをつないで、アナログレコードの再生も可能だ。

 フロントパネルは制振性に優れた高剛性アルミ製で、重量級パーツを底面から支えるオーバルシャーシを採用。端子にはケーブル端子との接点での伝送ロスを最小限に抑える金メッキ端子を採用した。音声入力端子は、光デジタル×2、同軸デジタル×2、アナログ×6、PHONO×1に加え、USBを備える。

 本体サイズは高さ149mm×幅435mm×奥行き328mmで、重量は8.6kg。リモコンの他、FM室内アンテナ、AMループアンテナが付属する。


「TX-8150」

リアパネル
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加