logo

フィアット クライスラー、140万台に対し車載ソフトウェアを更新へ--ハッカーによる遠隔操作のおそれ

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年07月27日 08時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fiat Chryslerは、ハッカーによる車両の遠隔操作を可能にするソフトウェア不具合が発見されたことを受け、140万台に対して車載ソフトウェアを更新する。

 同社は米国時間7月24日、安全性を守るための自主対応によって、ある無線機能を搭載する米国内の約140万台の自動車に搭載されたソフトウェアを更新すると発表した。問題の原因は、「Uconnect」システムにある。同システムは、スマートフォンユーザーが、Sprintのネットワークを利用してインターネットを介して一部のFiat Chrysler製自動車と通信できるようにするもの。この機能により、車両の所有者は、遠隔からエンジンを始動させたり、GPSによって自分の車両の位置を追跡したり、さまざまな盗難防止機能を利用したりできる。

 先週、このUconnectシステムのソフトウェアに存在するバグが研究者によって発見された

 同社は影響を受ける全ての車両に対してソフトウェアを更新するが、既に対策をとってもいる。同社は、研究者によって示された種類の遠隔制御アクセスを防ぐ「ネットワークレベルのセキュリティ対策」を講じたとした。Fiat Chryslerによると、Uconnectによって使用されるセルラーネットワークを介して23日に試験およびリリースされたこれらの対策によって、一部の車両に対する遠隔アクセスが遮断されるという。

 同社は、研究者らによって示されたハッキング行為には「独特で広範囲にわたる技術的知識、対象車両に対する長期的な物理的アクセス、コードを記述するためのかなりの時間」が必要だと述べた。このソフトウェア脆弱性に関連する負傷、事故、苦情の報告は、これまで同社に寄せられていないという。

 ソフトウェア更新の対象は、8.4インチのタッチスクリーンを装備する以下の車両だ。

  • 2013~2015年モデルの特別仕様車「MY Dodge Viper」
  • 2013~2015年モデルのピックアップ「Ram 1500」「Ram 2500」「Ram 3500」
  • 2013~2015年モデルのキャブシャーシ「Ram 3500」「Ram 4500」「Ram 5500」
  • 2014~2015年モデルのSUV「Jeep Grand Cherokee」「Cherokee」
  • 2014~2015年モデルのSUV「Dodge Durango」
  • 2015年モデルのセダン「MY Chrysler 200」「Chrysler 300」「Dodge Charger」
  • 2015年モデルのスポーツクーペ「Dodge Challenger」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集