logo

LINE、海外ブランド商品を現地価格で買える「LINEトリップバザール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは7月22日、スマートフォンアプリ「LINE」 で展開しているフラッシュセールサービス「LINEフラッシュセール」内に、海外ブランドのファッション・雑貨などのアイテムを現地価格で購入できる「LINEトリップバザール」を開設した。


 LINEフラッシュセールは、ファッションアイテムやコスメ、食品など、各曜日に設定されたテーマごとに毎日1万点以上の商品を追加し、1週間限定で販売するフラッシュセールサービス。

 LINEトリップバザールは、LINEフラッシュセールと同様に、LINE以外のアプリを必要とせず、販売開始前にLINEのメッセージをプッシュ通知し、LINE上で商品の購入から決済までできるのが特徴だ。

 LINEフラッシュセールでは曜日ごとにテーマに沿った商品を扱っているが、LINEトリップバザールではブランドごとに商品を扱うという。なお、商品ラインナップは2週間毎に全て切り替わり、翌々週に新たな商品が入荷される仕組み。日本未入荷のブランドや商品も多数取り扱うという。

 海外の販売元に一定期間“LINEトリップバザール分”として商品をキープしてもらい、商品が売れた分だけ発注する独自の受発注システムに加え、販売元から商品をユーザーに直接発送する独自のビジネススキームを構築。大幅なコストカットを実現した。

 国際便の送料も含めて商品の現地価格(日本で同じ商品が販売されている場合の3分の1から、4分の1程度の価格)で提供できるという。

 同社によると、LINEユーザーは、海外の通販サイト利用では必要となる英語での購入情報入力や、国際便・税金などの輸入に関する手続きは一切不要となり、直接海外で商品を購入する価格と同価格で商品が買えるようになるという。

 バッグブランドの「Melie Bianco」やジュエリーブランド「Marida」などニーズの高いアメリカの約15ブランドの取り扱いからスタートし、今後、ヨーロッパやアジアのブランドを追加して、年内に100ブランドの取り扱いを目指すとしている。

-PR-企画特集