logo

[ウェブサービスレビュー]写真の圧縮とリサイズを同時に処理--「JPEG Optimizer」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JPEG-Optimizer.com
内容:「JPEG Optimizer」は、JPG画像をオンラインで圧縮できるツールだ。圧縮でファイルの容量を減らすのと同時に、画像のリサイズも併せて行えることが大きな特徴だ。
  • 「JPEG Optimizer」トップページ。サイトは英語だが機能は一目瞭然で、迷うことはないだろう

 「JPEG Optimizer」は、JPG画像をオンラインで圧縮できるツールだ。圧縮でファイルの容量を減らすのと同時に、画像のリサイズも併せて行えることが大きな特徴だ。

  • ファイルを選択したのち、圧縮率(Compress Image)とサイズ(Resize Photo)にそれぞれ数値を入れて「Optimize Photo」のボタンをクリックする。デフォルトでは前者が65%、後者が400ピクセルとなっている

 使い方は簡単で、処理したいJPG画像を選択したのち、圧縮率(Compress Image)を指定して「Optimize Photo」のボタンをクリックするだけ。圧縮率は0~99%の間で任意の値を指定できる。画像の読み込みは、画像のあるURLを直接入力したり、オンラインストレージ上にあるファイルを指定するといった機能はなく、ローカルドライブからのアップロードのみとなる。

 処理が完了すると、圧縮後の画像が表示され、併せて容量がどのくらい減ったのか、圧縮前後の値が表示される。圧縮前後の画像をオンラインで比較する機能こそ備えていないが、シンプルでわかりやすく、操作に迷うこともない。試しにデフォルトの圧縮率65%で試してみたところ、ファイルサイズを約41%削減することができた。

 同種のサービスにあまりない特徴として、圧縮と同時に、リサイズも併せて行えることが挙げられる。圧縮を実行する際、「Resize Photo」にチェックを入れ、横幅のピクセル数を入力しておくことで、縦横比を維持したままサイズが変更される。処理後の画像はブラウザ上で原寸で表示されるため、適したサイズになるよう、値を変更しながら調節するとよいだろう。ちなみにデフォルト値は400ピクセルとなっている。

 機能としてはシンプルで、複数のJPG画像をまとめて処理したり、オンラインストレージに保存するといった機能こそないが、分かりやすく使いやすいサービスだ。SNSやブログでは、写真をアップロードすると自動的にリサイズされる場合が多いが、メールやSMS経由で友人などに送る際は原寸のまま送られてしまう。圧縮とリサイズが一括で行える本サービスは、そうした場合に活用するとよいだろう。

  • 処理が完了すると、圧縮前後の容量およびサイズが表示される。とくに問題がなければ、そのまま右クリックしてローカルに保存する

  • 圧縮率を最大の99%まで上げたところ。オンラインで圧縮前後の画像を比較する機能はないが、ブラウザのBackボタンで戻ることで、値を変更しつつ繰り返し試すことが可能

  • ブラウザ上では画像が原寸で表示されるため、リサイズしないとこのようになることも

-PR-企画特集