logo

[ブックレビュー]ビジネスに必要な“数学”をとにかくわかりやすく--ビジネス×数学=最強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すばる舎
詳細:単行本 / 240ページ / すばる舎 / 価格: 1620円 / 著者:永野裕之 / 発売日:2015/06/09 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.0cm×2.0cm / 重量:0.3 kg
内容:ビジネスをしていく上で必要な「数学的」なもの。しかし数学は苦手、数字は見たくないという人も多いだろう。そんな文系でもわかりやすく、理解できるビジネスに必要な数学とは?
Amazon.co.jpアソシエイト

 「数学」と聞いただけで頭が痛くなったり、拒否反応を起こしたりする人でも、ビジネスをしていく上では、「数学的」なものの考え方が必要になることは、経験的に分かるだろう。そして、ビジネスを続けていくに従って、「もう少し数学が分かれば」と考える場面に遭遇する機会は増える。でも「数学かあ……」と尻込みしてしまう人に、本書をお勧めしたい。

 著者の永野裕之氏が、文系のパートナーの助けを借りたと最後に書いているとおり、本書は数学にあまり縁のない、いわゆる「文系」でも分かるように書かれている。数学といっても、複雑な方程式を解くものではなく、身近で具体的な例を元に、論理的に考えることを訓練していくような構成になっているので、数学アレルギーの人でも、論理思考に関するビジネス書や、プレゼンテーション資料の作り方などの本を読んだことのある人なら、理解を深めて、より実践しやすくなるだろう。

 「常識だから」や「証明済みだから」と言った理由で、丸め込まれたり、諦めたりするのではなく、「あらゆる可能性」や「ほかの可能性」を探れるようになるために、本書で数学への第1歩を踏み出すのもいい選択肢だ。

-PR-企画特集