マイクロソフト、MSNブランドの一部アプリを廃止へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2015年07月13日 10時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが今後数カ月のうちにMSNブランドの複数のアプリを廃止する計画を立てている。

 Microsoftはすべてのプラットフォーム(「Windows」、Appleの「iOS」、Googleの「Android」)向けの「MSN Health & Fitness」「MSN Travel」「MSN Food & Drink」アプリのユーザーに対し、これらのアプリを廃止する旨の通知を送っている。

 Neowinは米国時間7月10日、MSNアプリの廃止計画について報じた。それによるとMicrosoftは、Food & DrinkとTravelを9月28日に、Health & Fitnessを11月1日に廃止するという。

 全てのMSNアプリのサポートを打ち切るわけではなく、「News」「Weather」「Sports」「Money」などのMSNアプリは引き続き「Windows 10」などのプラットフォーム向けに提供する計画だと、Neowinは廃止予定のアプリのユーザーにMicrosoftが送ったメッセージを引用して伝えている。どのアプリのサポートを継続するかを決めた要因としてMicrosoftは「幅広い訴求力」(およびその不足)を挙げている。

 Microsoftの広報担当者はNeowinの情報が正しいことを認めた。

 またMicrosoftは「Photosynth」アプリについてもサポートを打ち切るという。Photosynthは複数の写真をつなぎ合わせてパノラマ写真を作成するアプリで、かつてのMicrosoft Live Labsによって開発された。サポート打ち切りの時期については明らかにされていないが、MicrosoftはPhotosynthユーザーに対し、アプリから写真とデータを取り出すよう勧めている。ただしPhotosynthクラウドサービスの提供は続ける、と広報担当者は述べている。

提供:MSN
提供:MSN

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加