「iPhone大型化でテニス肘」:プロバスケットボール選手、シュート成功率低下を説明(?)

Chris Matyszczyk (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年07月07日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全米プロバスケットボール協会(NBA)のSan Antonio Spursに所属する選手の1人が不調の理由として「iPhone」の大型化を挙げている。

 NBA選手として11年のベテランで現在はフリーエージョントのMatt Bonner選手は、自身の3ポイントシュート成功率が昨季に落ち込んだ理由について、利き腕とは逆の腕である左腕がテニス肘になったことをConcord Monitorに対して明らかにした

 Bonner選手は、その経緯について次のように説明する。「みんな滑稽だと思うだろうが、どうして(テニス肘に)なったかについて、自分の考えとしてはこうだ。新しいiPhoneが登場した際、前機種よりもかなり大型化されていた。新しいiPhoneを手に入れたところ、使用が負担になった。ボタンを押すには指をより伸ばす必要がある。正直なところ、そのために症状が生じる結果になったと思っている」

Matt Bonner選手
Matt Bonner選手
提供:Nicekicks/YouTube screenshot by Chris Matyszczyk/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加