logo

[ウェブサービスレビュー]複数ファイルを一括処理できる画像圧縮サービス「Compressnow」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Compressnow.com
内容:「Compressnow」は、オンラインで画像ファイルの容量を圧縮できるツールだ。JPG、PNGに加えてGIF形式にも対応するほか、複数のファイルを同時にアップロードし、ZIP書庫でまとめてダウンロードできることが特徴だ。
  • 「Compressnow」トップページ。画面遷移はなくこのページだけで完結している。インターフェースは英語だがとくに問題なく理解できるはずだ

 「Compressnow」は、オンラインで画像ファイルの容量を圧縮できるツールだ。JPG、PNGに加えてGIF形式にも対応するほか、複数のファイルを同時にアップロードし、ZIP書庫でまとめてダウンロードできることが特徴だ。

  • ファイルをドラッグ&ドロップする。複数ファイルの一括指定も可能。画面上段から通常のダイアログを開いてファイルを指定することもでき、その場合は容量制限が6Mバイトから9Mバイトへと緩和される

 使い方は至ってシンプルで、サイトトップページの左側に画像ファイルをドラッグ&ドロップ。上段のスライダで圧縮率を指定したのち、「Compress now」ボタンをクリックすると、右側に圧縮後の画像のプレビューと、圧縮後の容量が表示される。確認して問題がなければ「DOWNLOAD」をクリックしてダウンロードする。

 本サービスの特徴は、0~100%まで1%刻みで圧縮率を調整できることだ。スライダを動かして「Compress now」ボタンをクリックするたびに、圧縮後の画像のプレビューおよび容量が表示されるのでわかりやすい。今回試したところ、1287KバイトのJPGファイルがデフォルトの20%では649Kバイト、最大の100%にすると63Kバイトまで圧縮された。もちろん画質はそれなりに劣化するが、目標とするサイズがある場合は重宝する。

 また複数のファイルを同時に処理できるのも特徴だ。枚数ではなく容量に上限が設定されており、合計9Mバイトまでを同時にアップロードして処理できる(ドラッグ&ドロップで指定した場合は6Mバイトまで)。あまり潤沢とはいえないが、それでも数枚程度を一度に扱えるのは便利だ。複数ファイルをまとめて処理した場合は、ZIP圧縮でまとめてダウンロードすることも可能だ。

 以上のように、機能としてはひと通りそろっているが、画像のプレビューがオリジナルの縦横比を無視して1対1になってしまうことや、プレビューの拡大表示ができない点など、インターフェース面は競合サービスに比べ見劣りする箇所もある。またPNGやGIFは同じフォーマットのまま圧縮できるわけではなく、圧縮後は必ずJPGになってしまうなど、まだベータ版の粋を出ない印象だ。現状では、何らかの制限で競合サービスではうまく加工できない場合の選択肢のひとつという位置づけになるだろう。

  • アップロードが完了するとプレビューが表示される。複数ファイルを同時に処理できるが、上下のスクロールが発生するので操作性はいまいち。またプレビューの縦横比がなぜか1対1になるのはいただけない

  • 「Compress now」ボタンをクリックすると、右側に圧縮後の画像のプレビューおよび容量が表示される。どの程度圧縮できたかをパーセンテージで明示できないので感覚的にはややわかりづらい。問題なければ個別もしくはZIPで一括ダウンロードする

  • 上段のスライダを移動させることで圧縮率を変更できる。「Compress now」ボタンをクリックするたびに、圧縮後の画像のプレビューおよび容量が再読み込みされ表示される

-PR-企画特集