logo

SpaceXの無人ロケット「Falcon 9」、打ち上げ数分後に爆発

Steven Musil (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年06月29日 12時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SpaceXの無人ロケットが米国時間6月28日朝、打ち上げ数分後に爆発し、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士へ物資を運ぶ目的だった補給船も破壊された。

 米航空宇宙局(NASA)は28日、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地で打ち上げられた「Falcon 9」ロケットが、発射から2分19秒後に爆発したことを認めた。爆発が起きたのは、SpaceXがNASAから16億ドルで請け負った7回目のミッション。この契約では、ISSへの機材や物資の補給を目的として、SpaceXが15回にわたり補給船を打ち上げることになっている。

 NASAの広報担当George Diller氏は、今回の爆発を受けて「打ち上げロケットで異常が起きていたようだ」と述べた。

 最高経営責任者(CEO)のElon Musk氏は、ロケット上段の液体酸素タンクに異常加圧が起きたと述べた。

 Musk氏はTwitterで、「現時点ではっきり言えるのはそれだけだ」と述べ、「徹底的なフォルトツリー解析(FTA)後に詳しく説明する予定だ」と付け加えた。


提供:NASA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集