logo

JPGの容量をオンラインで一発圧縮できるウェブサービス4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画像ファイルをメールに添付して送信したり、ブログなどに掲載するにあたっては、ファイルサイズはなるべく圧縮するのが望ましい。こうした圧縮処理は、ローカルで画像処理ソフトを使うのが一般的だが、オンラインで画像を圧縮できるサービスも数多く存在する。圧縮前後の画像をオンラインでプレビューして比較できるほか、複数のファイルをまとめて圧縮し、ZIP形式で一括ダウンロードできるサービスもある。

 こうしたオンラインで画像を圧縮できるサービスは数多く存在するが、今回はその中から、JPGファイルに対応し、かつ圧縮率を手動で調整することなく、最適な圧縮率で一発処理できるサービスを紹介する。各サービスの詳細に加えて、実際にJPG画像を圧縮した場合のファイルサイズも合わせて掲載するので、利用にあたっての目安にしてほしい。

◇JPEGmini

  • 「JPEGmini」

 JPGに対応。同種ツールの中では高い知名度を誇り、Windows/Mac用ソフトなどもラインアップする。ユーザ登録を行うかFacebook/Googleアカウントによるログインが必要。複数のファイルを同時にアップロードでき、それらをまとめたアルバムが作成される。試用時には1100KバイトのJPGファイルが594Kバイトに圧縮された。画像はローカルへの保存のほかPicasaに直接保存することも可能。インターフェースは英語。

◇TinyPNG

  • 「TinyPNG」

 JPGとPNGに対応。サービス名からしてPNG専用に思えるがJPGにも対応する。最大20枚を同時にアップロードできるが、ZIPでの一括ダウンロードはできず、1枚ずつ個別にダウンロードする必要がある。試用時には1.1MバイトのJPGファイルが365Kバイトに圧縮された。画像はローカルへの保存のほかDropboxに直接保存することも可能。オンラインでのプレビュー機能を備えないため、加工前後の画像はローカルで比較する必要がある。インターフェースは英語。ファイルサイズの上限は5Mバイト。同じ運営元によるサービス「TinyJPG」も同等の機能を備える。

◇Compressor.io

  • 「Compressor.io」

 JPG、PNGのほか、GIF、SVGにも対応。アップロード、ダウンロードともに1枚ずつ行う仕組みで、加工前後の画質をオンラインで比較できる。試用時には1100KバイトのJPGファイルが559Kバイトに圧縮された。画像はローカルへの保存のほかGoogleドライブ、Dropboxに直接保存することも可能。インターフェースは英語。ファイルサイズの上限は10Mバイト。

◇Kraken.io

  • 「Kraken.io」

 JPG、PNGなどに対応。複数のファイルを同時にアップロードでき、ZIP圧縮でまとめてダウンロードできる。オンラインでのプレビュー機能を備えないため、加工前後の画像はローカルで比較する必要がある。試用時には787KバイトのJPGファイルが330Kバイトに圧縮された。無料版ではファイルサイズの上限が1Mバイトに制限されているほか、URL指定での画像読み込みやリサイズ機能、およびDropboxへの直接保存オプションといった機能は利用できない。インターフェースは英語。

-PR-企画特集