logo

「Apple Music」、無料期間もアーティストに支払いへ--T・スイフトさんの抗議受け

Nic Healey (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年06月23日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アーティストTaylor Swiftさんの抗議が大々的に報じられたことを受け、アップルは、「Apple Music」をめぐるアーティストらへのロイヤルティに関する方針を転換した。

 シンガーソングライターとして絶大な人気を誇るSwiftさんは米国時間6月21日、Tumblrのブログ記事でファンに対し、来週提供開始される音楽ストリーミングサービスApple Musicで、自身のアルバム「1989」の配信を取りやめると伝えた。Swiftさんは、Apple Musicが3カ月の無料試用期間に、ストリーミングされるすべての楽曲についてロイヤルティを支払わないとしていたことを問題視していた。

 Swiftさんの公の場での抗議とAppleのすばやい方針転換は、著名アーティストらと音楽ストリーミングサービスの間の緊迫した関係を表す新たな例の1つにすぎない。Swiftさんをはじめとするアーティストらが、自らの作品に対して適切な報酬が与えられていないと考える一方で、音楽ストリーミング企業はそれに反論している。

 人気の高いサービス「Spotify」に対しても、支払いをめぐって意見したことのあるSwiftさんは、Apple Musicの無料試用期間について声高に非難した。

提供:Michel Porro/Getty Images for TAS
提供:Michel Porro/Getty Images for TAS

 「Apple Musicはその3カ月間、作詞/作曲家、プロデューサー、アーティストには対価を支払わないことを皆さんは知っているだろうか」とSwiftさんは記した。「それはショッキングで残念だと思うし、これまで革新的で寛容だった同社らしくないと思う」(Swiftさん)

 Swiftさんは人気の高い自身のアルバムを提供しないのは自分自身の利益のためではないと述べた。「これは、初めて楽曲をリリースしたばかりでそのロイヤルティが入れば借金を返済できるかもしれない若いソングライターのための行為だ」(Swiftさん)

 Appleは当初、コメントを避けたが、同社のインターネットソフトウェアおよびサービス担当シニアバイスプレジデントを務めるEddy Cue氏は21日、Appleが「対価を支払わない」方針を転換することをTwitterで発表した。

 同氏は、SwiftさんによるTumblrの投稿「To Apple, Love Taylor」(Appleへ、愛をこめてTaylorより)を引用して、「@taylorswift13とインディーズアーティストの皆さんの意見に同意する。愛をこめてAppleより」とツイートした。

 「Appleはアーティストに必ず対価が支払われるようにする」とCue氏は記し、その後、Apple Musicが「ユーザーの無料試用期間中も、ストリーミングの対価を」アーティストらに支払うことを明らかにした

 SwiftさんはCue氏にリツイートし、1時間後には「とても誇らしく、ほっとした。皆さん応援ありがとう。Appleは私たちの意見を聞き入れてくれた」という喜びのツイートも投稿した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集