logo

サムスン、「Galaxy」スマートフォン搭載「SwiftKey」の脆弱性に対応へ

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月19日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは、「Galaxy」スマートフォンに存在するセキュリティ上の脆弱性について、「数日以内に」修正する予定だ。この脆弱性により、端末がハッカーに遠隔から攻撃され、データにアクセスされる恐れがある。

 セキュリティ専門家は2日前、「SwiftKey」キーボードに脆弱性が存在することを明らかにした。同キーボードは、6億台もの「Galaxy」スマートフォンにプリインストールされている。NowSecureが発見したこの脆弱性により、ハッカーが端末にアクセスし、通話の盗聴や悪意のあるアプリのインストールを可能にする恐れがあるという。

 同社は米国時間6月18日付けの声明で、攻撃が成功するには、端末を悪用するための「極めて特殊な一連の状況」が重なる必要があるとして、問題の脆弱性が深刻なものではないという姿勢を表明したが、「リスクが存在する」ことは認めた。

 サムスンによると、同社のセキュリティソフトウェア「KNOX」が稼働する端末(「GALAXY S4」以降を含む)には、この脆弱性を「無効にする」新たなセキュリティポリシーがまもなく配信されるという。

 ただし、KNOXを搭載していない端末にはただちにパッチが配信される予定はないと、同社は認めた。

 サムスンは「現在、迅速なファームウェアアップデートに取り組んでおり、すべてのテストと承認作業が終了し次第提供する予定だ」と述べるとともに、修正がファームウェアアップデートを承認するキャリアに依存する可能性があることを付け加えた。

 また、サムスンは、同社がSwiftKeyを含むパートナーと密接に連携し、「将来的なリスクに対応している」ことも述べた。

提供:CNET/CBS Interactive
提供:CNET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集