logo

ソフトバンクの「Pepper」世界展開へ--アリババ&フォックスコンと組み体制強化

井指啓吾 (編集部)2015年06月18日 16時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループ代表の孫正義氏は6月18日、ヒト型の感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」の一般発売発表会で、Pepperを世界で発売する予定であることを明かした。アリババグループ、フォックスコン・テクノロジー・グループと組み、世界展開に向けた体制を強化する。


左から、アリババグループ会長のジャック・マー氏、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏、フォックスコンの創業者でCEOのテリー・ゴウ氏

アリババ、フォックスコンはソフトバンクロボティクスホールディングスに出資する

 同日、ソフトバンク、アリババグループ、フォックスコン・テクノロジー・グループの3社は、ソフトバンクグループのロボット事業を統括するソフトバンクロボティクスホールディングス(SBRH)に対して、アリババとフォックスコンがそれぞれ145億円を出資することで合意した。SBRHの発行株式の比率は、ソフトバンクが60%、アリババとフォックスコンがそれぞれ20%となる。

  • ジャック・マー氏

 発表会に登壇したアリババグループ会長のジャック・マー氏は、「ソフトバンクとフォックスコンの2社との協力は、ロボットの調査や開発の道を切り開く上で、ハードウェアとソフトウェアの最高のタレントのパートナーシップとなる」とコメント。

  • テリー・ゴウ氏

 また、フォックスコンの創業者でCEOのテリー・ゴウ氏は、「フォックスコンはロボット工学を発展させるために、社会貢献の一環として、ソフトバンクとアリババの2社と協力する。世界のテクノロジーリーディングカンパニーとして、最先端のソリューションを提供する技術や、世界中の消費者の生活に大きな利便性をもたらす技術に投資をしていく」と述べた。

  • 孫正義氏

 孫氏はPepperの世界展開に向けた具体的なスケジュールは明かさなかったが、「両社のトップが(発表会場に)来てくれたのも、(Pepperの事業に関する)強いコミットメントであると思っている。3社で力をあわせてPepperを進化させていきたい」と自信を見せた。

 なお国内では、6月20日に「6月分」として1000台を発売する。7月以降の毎月の発売台数は未定だが、毎月500~1000台程度になるとみられる。孫氏は「Pepperは精巧な部品を使って作っているので、どれほど量産できるかわからない。まずは毎月1000台をコンスタントに販売できるようにしたい。少しでも多く販売したいと思っている」と述べた。また今後の可能性の1つとして「進化した別のモデル(ロボット)も出すかもしれない」と話した。

-PR-企画特集