logo

「Apple Watch」、Apple Store実店舗でも入手可能に--オンライン予約は必要

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2015年06月18日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間6月17日、Appleの新しい「Reserve and Pick Up」サービスがAppleのオンラインストアでスタートした。このサービスは「Apple Watch」が現在販売されているすべての国のストアを対象としている。この新サービスを利用すれば、特定モデルのApple Watchを予約した後、同モデルの試着および購入が可能なApple Storeに特定の時間に訪問することができる。特定のモデルをオンラインで指定して店舗を選ぶと、そのモデルが提供可能かを知ることができる。ただし高価な「Apple Watch Edition」モデルの場合は、特定の店舗のみの取り扱いとなる。

 これまで、Apple Watchの注文はオンラインに限定されており、近くのApple Storeで販売員と相談しながら選ぶか、あるいはAppleのウェブサイトにアクセスして自力で注文し、自宅に配送してもらう方法しかなかった。今回の新しい方針は、供給が需要に追いつきつつある兆しにも見える。だが、これが初めからAppleの戦略の一環であったようにも思われる。4月に流出した、Appleの小売担当責任者Angela Ahrendts氏の社内メモとされる文書には、Apple Watchの注文をオンラインに限定する体制は5月いっぱいまでとなる見込みだと書かれていた。

 新サービスでも予約は必須なので、好きなときに最寄りのApple Storeにふらっと入り、腕にApple Watchを着用して店を出られる、というわけではない。だが、次の段階では、そのような購入が可能になりそうだ。Appleが4日のプレスリリースで、Apple Storeで特定モデルの販売を開始する計画があると述べているからだ。

最初にオンラインで予約すればApple WatchをApple Storeで購入できるようになった。
最初にオンラインで予約すればApple WatchをApple Storeで購入できるようになった。
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集