logo

マイクロソフト、経営陣を刷新--エロップ氏など複数の幹部が退社

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月18日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は米国時間6月17日、組織再編を知らせるメールを従業員らに送信した。

 新会計年度開始とともに、長期にわたって幹部を務めてきた複数の人物が同社を去る。Microsoftのデバイス事業を統括するStephen Elop氏や、Dynamics事業を率いてきたKirill Tatarinov氏に加え、数多くのチームを統括した経験を持ち、直近ではAdvanced Technology and Educationを率いていたEric Rudder氏、さらに最高インサイト責任者を務め、かつての「Scroogled」キャンペーンの発起人だったMark Penn氏も退職する。Nadella氏のメールはウェブでも公開されている。

 残る幹部は、新たに再編成されたチームを統括する。Terry Myerson氏は、これまでElop氏が率いてきたMicrosoft Devices GroupとOperating Systems Groupを統合したWindows and Devices Groupを統括する。Scott Guthrie氏はCloud and Enterpriseチームの統括を続投する。同チームは新たに「Dynamics ERP」と「Dynamics CRM」も担当することになる。Qi Lu氏は引き続きApplications and Services Groupの責任者を務めるほか、これに加えてEducationチームも監督する。

  今回の組織再編のほとんどが6月17日付けで実施されるが、Penn氏の正式な退職時期は9月になる予定だ。

 再編後のMicrosoftの新しい上級幹部は以下のとおり。

  • Chris Capossela氏:エグゼクティブバイスプレジデント兼最高マーケティング責任者(今回新たにDynamicsとEducationのマーケティングも担当)
  • Kurt DelBene氏:エグゼクティブバイスプレジデント、企業戦略およびプランニング担当
  • Scott Guthrie氏:エグゼクティブバイスプレジデント、Cloud and Enterprise担当
  • Amy Hood氏:エグゼクティブバイスプレジデント兼最高財務責任者
  • Kathleen Hogan氏:エグゼクティブバイスプレジデント、ヒューマンリソース担当
  • Peggy Johnson氏:エグゼクティブバイスプレジデント、ビジネス開発担当(今回より世界中のモバイル事業者との提携も担当)
  • Qi Lu氏:エグゼクティブバイスプレジデント、Applications and Services Group担当
  • Terry Myerson氏:エグゼクティブバイスプレジデント、Windows and Devices Group担当
  • Harry Shum氏:エグゼクティブバイスプレジデント、技術および研究担当
  • Brad Smith氏:エグゼクティブバイスプレジデント兼法務顧問、法務および広報担当
  • Kevin Turner氏:最高執行責任者(今回よりDynamicsの販売とパートナー組織も担当)
  • Jill Tracie氏:チーフ・オブ・スタッフ
  •  Nadella氏は、今回の組織再編を、組織構造を戦略に沿ったものにするためだと述べている。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集