logo

アドビ、「Creative Cloud 2015」を発表--一部モバイルアプリは「Android」に対応

Charles McLellan (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月17日 07時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Adobeは、サブスクリプション形式のみで提供されているアプリとサービスで構成されるスイート製品「Creative Cloud」について、2015年版「マイルストーンリリース」を発表した。「Photoshop CC」「Lightroom CC」「Premiere Pro CC」「After Effects CC」「Illustrator CC」「InDesign CC」「Dreamweaver CC」など、15のデスクトップアプリケーションに対して、機能を更新し、スピードを改善した。

 「Comp CC」「Photoshop Mix」「Photoshop Sketch」「Illustrator Draw」「Brush CC」「Shape CC」「Color CC」など、ますます増加するAdobeの一連の「iOS」アプリもアップデートされている。このうちの4つのモバイルアプリであるBrush CC、Shape CC、Color CC、Photoshop Mixは今回初めて、「Android」搭載スマートフォンにも提供されることとなった。「Hue CC」という新しいiOSアプリも追加されている。Hue CCでは、ビデオプロジェクトで使用する照明とカラースキームをキャプチャすることができる。


提供:Adobe

 Adobeは、ワークフロー固有のモバイルアプリを、クラウドを介して対応するデスクトップアプリとリンクする取り組みにますます力を入れているが、その技術に「Adobe CreativeSync」という名前が与えられた。ユーザーのすべての「アセット」(ファイル、フォント、デザイン要素、設定など)が、ワークフローにおいて必要なときにいつでも利用でき、例えば、タブレットで開始したプロジェクトをデスクトップで完成させることができる、というのがその概念である。

 また、大きな動きとして、Adobeは、新しいストック写真サービス「Adobe Stock」を立ち上げた(2015年1月のFotolia買収の成果となる)。4000万ほどの画像とともに立ち上げられたStockは、最新リリースのPhotoshop、InDesign、Illustrator、Premiere Pro、After Effectsと統合されているため、ユーザーは、透かし入り画像を自身のCCライブラリに追加したり、画像のライセンスをこれらデスクトップアプリから直接購入したりすることが可能となっている。

 2015年版アップデートに関する発表の最後を締めくくる主要項目は、エンタープライズユーザー向けの拡張だ。顧客が管理する暗号化キー、企業ファイアウォールの後ろにコンテンツを保存するためのマネージドホスティングサービス、転送時と保存時のデータ暗号化、シングルサインオンのユーザー認証、サービスへのユーザーアクセスに対するきめ細かい制御などが提供されている。


提供:Adobe

 主な新しいデスクトップ機能の一部として、Photoshop CCには、Illustratorで提供されているものに似た「Artboards」が追加された。Artboardによって、1つのドキュメント内でさまざまな端末(デスクトップ、タブレット、スマートフォンなど)用のデザインを集めて、加えた変更の効果をただちに確認することができる。

 iOS用の新しいコンパニオンアプリ「Preview CC」により、iOS端末に接続(Wi-FiまたはUSB経由)して、モバイルデザインを「実機上で」確認することもできるようになった。

 「Design Space」という、スペースの整理につながる新しい実験的なUIモードも追加された。モバイルアプリやウェブサイトのデザイナーを対象とし、マウスの動きとクリック回数を最小限に抑えることを目的としている。その他に、「Dehaze」という画像を鮮明化する新しい機能が追加され(Lightroom CCにも提供されている)、「Healing Brush」「Spot Healing Brush」「Patch」の各ツールのスピードが改善されている。

 Illustrator CCは、パン、ズーム、スクロール操作を「加速化」する新しい「Mercury Performance System」によって、2012年の「Creative Suite 6」(最後の永続ライセンス版)よりも最大で10倍高速になったとAdobeは述べた。ズーム操作に関しては、最大拡大倍率が従来の10倍となる6万4000%になっている。

 独自のチャートやインフォグラフィックスの作成が可能な新しい「Chart」インターフェースやクラッシュ後のドキュメント自動復元も提供されている。

PhotoshopのArtboards
PhotoshopのArtboards
提供:Adobe

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集