logo

[ブックレビュー]“欠乏”が生み出す負のサイクルを断つ--「いつも『時間がない』あなたに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社早川書房
詳細:単行本(ソフトカバー) / 352ページ / 早川書房 / 価格:2160円 / 著者:センディル・ムッライナタン、エルダー・シャフィール / 監修:大田直子 / 発売日:2015/02/20 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.2cm×2.6cm / 重量:0.3 kg
内容:締め切り間際の生産性の高まり、試験前の一夜漬けの効果など、時間がないときほど良い結果を生むと思ったことはないだろうか。しかしそうした“欠乏感”から生み出された集中力が、常に良い結果を生み出すとは限らない。欠乏のメカニズムを知り、それによる負のサイクルと断ち切るには?
Amazon.co.jpアソシエイト

 「時間がない」が口ぐせになってはいないだろうか。「時間がない」ことにばかり意識が集中して、時間がなくならないように、さまざまな対策を立てたり、行動を起こしたりすることがおろそかになり、結局「時間がない」と騒いでしまう。この現象は「欠乏」という状態で、欠乏が欠乏を生むのだそうだ。そして欠乏は時間に限らず、お金や知識などにもあてはまるという。

 締め切り間際の方が、生産性が高まることはある。時間がないという欠乏感から、集中して取り組むからだ。しかし、それが必ずしも良い結果を生むわけではないことが、本書では「トンネリング」という言葉で表されている。「トンネリング」とは、1つのことに集中するあまり、ほかの選択肢に一切考えがおよばなくなる状態のことで、これが生み出した悲惨な事故についても言及されている。

 欠乏によって自分の処理能力に大きな負担がかかり、考えることをやめてしまうことにも大きな弊害がある。どのような時に、人の処理能力に負荷がかかるのか。多くの実験や事例の分析によって、明らかにされていることは、今後自分が仕事の予定を組んだり、貯金をしたり、人生設計を立てたりするのに、大いに役立つだろう。

-PR-企画特集