logo

「Chrome」が「Mac」バッテリ消耗の要因か--グーグルが対策に着手

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月15日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mac」ノートブックのレビューを参照する際に、筆者が必ず最初に確認する項目の1つは、どのブラウザを使用してバッテリ寿命テストを実施したかである。

 なぜなら、Googleの「Chrome」による閲覧をループ実行した場合にほぼ必ずと言っていいほど、バッテリの消耗が速いからだ。Apple独自のブラウザである「Safari」の代わりにChromeを使用すると、1回の充電での動作時間が1~2時間短くなるというテスト結果を、これまでにいくつか目にしたことがある。

 BetaNewsによると、Googleはこれを認識しており、「OS X」上のChromeを最適化して、Mac上での同ブラウザの電力効率を改善するべく積極的に取り組んでいるという。

 BetaNewsは、Chrome開発者によるGoogle+の投稿を取り上げている。この投稿は、パフォーマンスをSafariに近づけるために、最近Chromeに加えた4件のコード変更について書かれたものだ。

 以下に、その1例を示す。

 以前:Google検索結果ページで、Safariのユーザーエージェントを使用してSafariと同じコンテンツを取得する場合、Chromeの起動回数は30秒間で390回、CPU使用率は0.3%だった。Safariの起動回数は30秒間で120回、CPU使用率は0.1%。

 現在:タイマー起動とCPU使用率の両方を66%低減した。Chromeの起動回数は30秒間で120回、CPU使用率は0.1%となり、Safariと同等になった。

 1つのアクティビティのCPU使用率が0.3%から0.1%に低下しても、効率の増加はわずかだというのは確かだが、多数の処理や機能や操作のあちらこちらでコンマ数パーセントずつ低下すれば、その総合的な効果は大きい。

 GoogleはMacハードウェア上では決して、AppleがSafariの効率を改善するのと同じようには、Chromeを改善することはできないかもしれない。

 Appleは同社のハードウェアとソフトウェアを完全に制御しているため、他のどの企業よりもそれらを効率的に連携させることができる。それは同社の大きなメリットだ。

 Googleは、「Chromebook Pixel 2」でそれと同じメリットを活用している。本質的にChromeブラウザを中心として構築されている同製品を、筆者はいつも、1回の充電で12時間使用することができる。

 しかし、効率が低いからMac上でChromeを使用することをやめたというユーザーは(確かにその判断はもっともだが)、Chromeの今後のビルドに注目してほしい。

 そこに改善の余地があることをGoogleが認識しており、Mac上でのChromeの効率改善に向けて対策を講じていることは明らかだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集