logo

ソニー、スポーツデバイス「Smart B-Trainer」をアップデート--プレミアムメニューなど追加

加納恵 (編集部)2015年06月03日 15時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Smart B-Trainer SSE-BTR1」

 ソニーは6月3日、2月に発表した心拍数記録などができるウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)SSE-BTR1」をアップデートしたと発表した。アシックス提携によるランニングメニューを提供開始したほか、プレミアムトレーニングメニューに新メニューを追加した。

 Smart B-Trainerは、ヘッドホン一体型のスポーツデバイス。音楽再生ができるほか、GPS、心拍数、加速度、ジャイロ、電子コンパス、気圧と6つのセンサを搭載することで、ランニングした距離や消費カロリー、走行ルート、心拍数などのランニングログをとることができる。

 ベーシックコースとプレミアムコースの2つのトレーニングコースを用意しており、今回のアップデートでは、2015年春提供予定としていた、アシックス開発によるトレーニングプラン「MY ASICS」との連携を開始。加えて、ナイキランニングアドバイザーである金哲彦氏が監修したメニューに「フルマラソンでサブ4を目指したい」「ハーフマラソンを3時間以内に完走したい」「制限時間内にフルマラソンを完走したい」の3つのコースを追加した。

 このほか、本体のアップデートにより、Smart B-Trainerに収録しているすべての曲をトレーニング中に再生できる、充電方法によらず充電後には電源オフによる仕様に統一などの部分を改善したとのこと。

 対応アプリ「Smart B-Trainer for Running」のアップデートでは、従来Android対応のみだった「詳細を決めて走る」「ログビュー検索・比較」がiOS版でも可能になった。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集