logo

「iOS 9」はどうなる?--アップル次期モバイルOSをWWDC 2015前に考える

Jason Parker Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年06月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい「iPhone」を秋に期待するようになったのと同様に、Appleが同社OSの新バージョンを年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で披露するのを皆が期待するようになった。2015年の同会議は、米国時間6月8日にサンフランシスコで開幕する

 確かなことは何もないが、「iOS 9」の搭載機能に関する予想がいくつか浮上している。胸が高鳴るようなうわさはないものの、「Siri」のような機能のアップデートは、同OSの実用的な機能強化として期待が持てる。以下に、同OSに関する、米CNETの予測の一部を記載してみたいと思う。

Siriの強化

 Googleは先日、「Google Now」機能に対する素晴らしいアップデートを発表したが、Appleがこれに対抗するしようと考えているという興味深いうわさを9to5Macがが報じている。開発コード名「Proactive」というこの新サービスは、「Calendar」「Passbook」「Contacts」やサードパーティー製アプリからタイムリーかつ関連性の高い情報を提供するらしい。

 複数のソースから情報を引き出すことで、ユーザーは、カレンダーで予定されているイベントに向かう際には道路情報の自動通知を受け取ることができるかもしれない。また、Appleの「Maps」がようやく公共交通機関の乗り換え案内を搭載すると言われていることから(同アプリはリリース以来、この機能を残念ながら搭載してこなかった)、遅刻しそうな場合には代替の公共交通機関を用いた経路を知らせてもらえるようになるかもしれない。

 うわさによると、この新しい検索機能は、ホーム画面を右に最後までスワイプすること(「Spotlight」検索がiOS 8で画面上部に移動する前までと同じ方法)でアクセスできるという。

新しいキーボード

 まったく新しいキーボードが登場するという噂も9to5Macが伝えている。記事によると、このキーボードは、ポートレートモードでもランドスケープモードでも動作するが、ランドスケープモードでは便利なボタンがより多く表示されるという。シフトキーも改良され、使用時と非使用時の視覚的な区別が(多くの人にとってiOS 8で問題となっている)向上すると思われる。触覚フィードバックを備えた「Force Touch」のサポートも、「iPhone 6S」(今秋に登場すると思われている)への搭載が期待されるなか、iOS 9にも追加されると考えられている

下位互換性の強化

 最後のうわさだが、iOS 9は、旧デバイスでも動作するよう、スリム化される可能性がある。つまり、「iPhone 4S」や「iPad 2」のユーザーは、持っているデバイスをアップデートする機会をようやく得られることになる。iOS 8リリース時、iPhone 4SやiPad 2はアップデート対象となっていたが、iOS 8インストール後に動作が遅くなるという報告がユーザーから寄せられていた。

すべては基調講演で明らかに

 iOS 9に関する数少ないうわさが指し示しているのは、iOS 7で実施した大々的な改修というような派手なシャツではなく、シンプルな白のTシャツのようなものをAppleが用意しているということだ。うわさとしては盛り上がりに欠けるが、モバイルOSが停滞期に入ったことを示唆する現在の状況を考えると、考えられる話だ。

 先にも書いたように確かなうわさは何もなく、われわれとしては、8日に行われるWWDCの基調講演を待つしかない。基調講演では通常、今後予定されている主なアップデートが大きく取り上げられるからだ。


提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集