logo

ウェブサイト単位でもブロックが可能な“スマホ依存”防止アプリ「FocusON」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名: FocusON
金額:無料(2015年5月23日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:devmav
使用端末:KYOCERA KCP01K
おすすめ度:★★★☆☆
  • ホーム画面。最初に設定を行う場合は「Add a Block」、すでに設定したルールを呼び出す場合は「Scheduled Blocks」をタップする。今回はまず「Add a Block」をタップ

 「FocusON」は、時間帯などの条件を指定して、特定のアプリやブックマークの利用を抑制するアプリだ。忙しいのについついスマホを触ってしまい、いたずらに時間を無駄遣いしてしまう……というスマホ依存の人にぴったりだ。

 利用にあたっては、まずブロックのルールを設定する。設定画面からアプリもしくはウェブサイトを選択したのち、ブロックする時間帯などの条件を指定する。期限を区切ったり、一週間のうちで特定の曜日だけを指定したりと、同じルールを繰り返し利用するための機能は豊富に用意されている。また各ルールには名前をつけて保存しておけるので、手動での切り替えも容易に行える。

 本アプリの特徴は、アプリだけでなくウェブサイト単位でのブロックも可能なことだ。ブラウザごとブロックしてしまうと必要な時に必要なサイトが見られないケースも出てくるが、本アプリは特定のドメインをブロック対象として指定できるので、ブラウザそのものはブロックせずに、繰り返し見てしまうサイトだけをブロックできる。他のアプリにはあまりない機能ということで重宝するだろう。

  • アプリを登録する場合は「Select Apps」、ウェブサイトを登録する場合は「Select Websites」をタップ

  • 「Select Apps」をタップするとアプリの一覧が表示されるので、ブロックしたいアプリにチェックを入れる

  • 「Select Websites」をタップすると任意のURLを登録できる。最近アクセスしたウェブサイトの一覧から読み込むことも可能

 全体的に通知が控えめであることも評価できる。他のアプリでは、設定したルールにひっかかるたびにやたらとポップアップでメッセージを表示する場合もあるが、本アプリでは通知領域にメッセージが表示されることを除けばあまり存在が表に出ない設計になっているので、自己主張の激しいアプリに馴染めない人には最適だ。

 ネックなのは、URLにワイルドカードが使えなかったり、一度設定したルールは追加もしくは削除はできるが編集ができなかったりと、使い勝手の面でやや未完成な印象を受けること。時間帯によるブロック以外に「1日1時間までの利用制限」や「回数指定での起動制限」というルールが設定できないのも勿体ない印象だ。リピート設定の柔軟さなど、見どころも多いので、かゆいところに手が届くブラッシュアップに期待したいところだ。

  • ブロックする時間帯や日付の範囲を指定する

  • リピート設定も可能。このように曜日を指定することもできる

  • これは月~金曜の8時から夕方5時にかけてMessengerにルールを設定した状態。「業務中のメッセンジャー禁止」というタスク名をつけて登録している

  • 登録したタスクは一覧から呼び出してセットできる

  • ブロック指定したウェブサイトを表示すると、10秒のカウントダウンののち画面が閉じられる

  • タスクを実行中はこのように通知領域に「focusON active」との通知が表示される

>>「FocusON」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集