logo

主婦向けクラウドソーシング「シュフティ」、APIを公開--企業活用を促進

井指啓吾 (編集部)2015年05月20日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 主婦向けクラウドソーシングサービス「シュフティ」を運営するうるるは5月20日、同サービスのAPIを公開した。各社とシュフティのシステムを連携させることで、サービス利用時、仕事の登録や納品データの受け取り、検収結果の連絡などを自動化する。企業によるクラウドソーシング需要の拡大を受けて、シュフティの活用を促進したい考えだ。

  • シュフティと企業をつなぐAPIのイメージ

 連携を推奨する取引規模は、毎月数十万単位の発注をしている企業で、20~30人以上の在宅ワーカーとの受発注が定常的に発生する場合。受注者が主婦であるシュフティの特性上、目視によるデータ収集やデータ入力、サイト監視などのサービスと相性がいいとしている。なお、シュフティの現在の累計会員数は約13万件。2015年内に25万件にまで増やすのが目標という。

 うるるによれば現在、中小企業から大企業まで規模によらず、サービスの基幹部分のデータベース構築などで、クラウドソーシングを通じて多数の在宅ワーカーに大量の発注をする企業が増えているという。

 一方で、発注人数が多くなると、見積もりや確認、発注、納品、評価などのコミュニケーションが個別に発生し、管理の手間が増える。これにより、企業側の担当者の負荷が増し、その工数の限界が企業の事業成長を制限する要素になる事態が発生しているそうだ。

  • うるるのシュフティ事業部部長である田中偉嗣氏

 うるるのシュフティ事業部部長である田中偉嗣氏は、クラウドソーシング業界の動向について「CGS(Crowd Generated Service)化が進んでいる」と語る。

 たとえば、クラウド名刺管理サービス「Sansan」が名刺の画像データをクラウドソーシングを活用して人力で入力したり、自動家計簿アプリ「Dr.Wallet」がレシートのデータを人力で入力したりしている。今後、このようなサービスが増加すると考え、APIの提供に踏み切ったという。

 クラウドソーシング市場は拡大を続けている。矢野経済研究所の調査では、2015年度は618億1000万円で、2017年度にはその2倍以上の1473億8000万円に成長すると推計されている。

-PR-企画特集