logo

マイクロソフト、新しい電子メールアプリ「Flow」を開発中か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月20日 08時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「スマートフォン上での重要な相手との電子メールのやり取りを迅速化」することを目的とした新しいアプリケーションを開発しているらしい。


 この新しいアプリケーションは「Flow」という名称で、そのダウンロードページによると、「Outlook」に付属するものになるようだ。Twitterユーザー@h0x0dが「Microsoft Confidential」(Microsoft社外秘)と記されたこの新アプリのダウンロードページを発見した。

 このダウンロードページの見出しには、このアプリが「Flow by Outlook」と呼ばれていることが記されており、「iPhone」に対応する予定であることが示唆されている。

 このページに記載されているアプリ説明文は以下のとおりだ。

  • 誰に対しても使用可能な電子メール:電子メールアドレスを持つすべての人とやり取りでき、その会話はOutlookでも参照可能。FlowとOutlookを区別なく使用して、同じ会話に参加することができる。
  • 迅速で円滑で自然な会話:件名、挨拶文、署名はなし。Flowは、迅速で軽い会話をリアルタイムに行うことを目的に設計されている。
  • 重要なやり取りだけを抽出:受信箱全体ではなく、Flowで開始した会話とその返信だけがFlowに表示される。雑音をシャットアウトして最も重要な個人間の会話だけに集中できる。

 Flowは、「Skype Qik」において電子メール機能を補完するものとみなすことができる。Skype Qikは、Microsoftが2014年にリリースした「Android」、iPhone、「Windows Phone」用ビデオチャットアプリで、同社いわく「SMSやIMのように軽量で便利」であるように設計されている。携帯電話番号さえあれば、Skype Qikでのコミュニケーションが可能だ。

 Microsoftの「Outlook for iOS」アプリは、同社が2014年末に買収した電子メールアプリ「Acompli」のブランド名が変更されたバージョンである。同様に「Outlook for Android」も、MicrosoftがAcompliのブランド名を変更して更新したバージョンだ。Windows Phone向けの新しいOutlookアプリは、「Windows 10 Mobile」のプレビュー版に現在含まれているが、上記2つのバージョンのOutlookに似てはいるものの同じコードベースに基づくものではない。

 Outlook、「Outlook.com」「Exchange」の各チームはすべて、コーポレートバイスプレジデントを務めるRajesh Jha氏が率いるMicrosoftの同じグループに属する。

 筆者はMicrosoft関係者らに対し、いつiOS(やその他のプラットフォーム)に提供開始されるか、どのようなユーザーをターゲットとしているのかといった、Flowに関する詳細情報を求めた。同社広報担当者は、Flowについて同社が公表できる情報はないと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集